Colorful Instagram

【厳選】吉川の可愛いインスタ映え×フォトジェニックスポット6選!!

埼玉に位置する吉川は川魚を使った料理が有名です。おいしい川魚を獲れるほど、美しい自然が広がっている特徴があります。埼玉の中心地は発展したエリアが広がっていますが、吉川は少し違った印象です。つまり、都会にいながら、都会とは違った気分や風景を楽しめる可能性があることを意味します。今回は6つのスポットを紹介しつつ、吉川のさらなる魅力を探していきましょう。

木売公園

『木売公園』は大型の木製複合遊具があり、多くの吉川の子供達が遊んでいます。遊具の周辺は芝生広場が広がっているので、太陽の下で子供達が思いっ切り遊ぶことが可能です。春の風物詩となっている桜の木は丘の上にあり、桜の花びらが舞い落ちて来ます。上手くいけば桜の花びらが舞う瞬間を撮影できるため、非常に風情のある写真に仕上がるそうです。また、全体的に日当たりの良い場所なので、緑が生い茂る爽やかな写真を撮りたい人に向いています。

【名前】木売公園
【住所】埼玉県吉川市木売3丁目
【電話】なし
【営業時間】24時間営業

吉川公園

吉川駅から車で約15分の『吉川公園』は河川敷に設けられている、緑と水の豊かな公園です。野球場が5面と運動場が1面あり、河川敷でスポーツを楽しめます。特に休日は子供達で賑わっているので、吉川の何気ない日常を撮影できます。さらに、夕方や夜に訪れると、また違った表情を見られることがポイントです。吉川の幻想的な街並みを撮影できるので、是非時間を変えて何度か訪れてみてください。特に桜が咲く春には桜・街並み・川、これら3つの要素を写真に収められます。

【名前】吉川公園
【住所】埼玉県三郷市高州3丁目
【電話】048-955-2067
【営業時間】8:30~17:00

フードカフェ・レガーメ

『フードカフェ・レガーメ』は吉川で本格的なイタリアンを楽しめる、便利なレストランです。実は3階にパーティールームがあり、テーブルの並べ方を自由に決められます。忘年会・結婚式の2次会・イベントなど、内容に合わせて会場をセッティングできることが特徴です。料理では生ハム盛り合わせ・チーズ盛り合わせといった、お酒のおつまみになるメニューが支持されています。ペロッと食べられるものが多いので、少しずつさまざまな料理を味わいたい時に最適です。

【名前】フードカフェ・レガーメ
【住所】埼玉県吉川市木売2-6-5
【電話】048-999-6996
【営業時間】11:30~15:00/17:00~24:00

Brassrie Miel

『Brassrie Miel』は本格的なフランス料理を、綺麗に盛り付けて提供してくれるレストランです。特に透明のプレートを使って提供する、Brassrie Miel独特のスタイルにこだわっています。照明の光が反射して、料理をより一層美しく見せることでお客様の食欲をそそるのです。さらに、おしゃれなテーブルクロスを敷いているため、写真映えします。Instagramに投稿したい時は、プレートの有無まで確認して注文すると良いかもしれません。

【名前】Brassrie Miel
【住所】埼玉県吉川市吉川1-6-11
【電話】048-999-6820
【営業時間】11:00~15:00/17:00~23:00

OB吉川店

『OB吉川店』は良質なコーヒー豆を使って、ハイクオリティのコーヒーを作ってくれます。丁寧に煎り、挽いてくれるのでコーヒー豆本来の香りが辺りに漂います。さらに、味わいも深く、病みつきになるおいしさです。OB吉川店はフルサービス店に分類されるのでブレンドコーヒー以外に、ジュースやデザートも用意されています。特にビッグサイズのパフェはInstagramで人気があり、スイーツをたっぷり食べられます。ちなみに、がっつり食べたい人はサンドイッチやピザなどのフードも注文可能です。

【名前】OB吉川店
【住所】埼玉県吉川市中野45-1
【電話】048-983-2813
【営業時間】9:00~20:00

千葉県立柏の葉公園

『千葉県立柏の葉公園』は45haの広大な面積を誇る、吉川の緑地スポットです。総合競技場・庭球場・コミュニティ体育館など、スポーツできる環境が整っています。さらに、熱帯植物や観葉植物を育てているグリーンルーム、満開の桜を望める日本庭園、洋風の庭園を散策できるバラ園などのエリアがあります。吉川の広大な土地を活かしてさまざまな施設が設けられているので、自分の都合に合わせて活用しやすいです。実は茶室やレストハウスなど、珍しい施設も存在します。

【名前】千葉県立柏の葉公園
【住所】千葉県柏市柏の葉4-1
【電話】04-7134-2015
【営業時間】9:00~17:00

さいごに

自然豊かな吉川ではネイチャーとグルメ、これら2種類のスポットが多い傾向にあります。ネイチャーに関しては吉川ならではの大自然を写真に収められるので、迫力や華やかさを求めている人に最適です。一方のグルメ系はカフェ風のカジュアルな店舗から、本格的な料理を提供するレストランまで幅が広くなっています。自分の食べたいものや撮りたい写真をイメージすると、最適の店舗を見つけやすいです。