Colorful Instagram

【厳選】尻手の可愛いインスタ映え×フォトジェニックスポット6選!!

尻手は後方にある地域を意味し、横浜市鶴見区に分類されています。ちなみに、尻手駅は川崎市幸区にあります。駅名を隣接している地域から取ったために、実際の地域の場所と駅の場所が別の地域になっているようです。尻手は横浜市の中でも田舎の地域に分類され、程良い発展を遂げています。そのためこれからの活躍が期待できるスポットが多いので、今回は見落としがちなスポットを中心に紹介していきます。

ラ チッタデッラ

尻手の『ラ チッタデッラ』はイタリアの丘の上にある街をイメージして、ショップ&レストラン・映画館・ライブホールなどさまざまな施設を展開しているスポットです。その他に保育・美容・結婚に関するスポットもあり、尻手内外から多くの人々が訪れています。Instagramで高く評価されているのは、ラ チッタデッラの外観です。ライトアップされると非常に華やかな風景となり、都会っぽい写真を撮影できます。さらに、内部からラ チッタデッラの構造を撮影すると、不思議な写真が撮れるそうですよ。

【名前】ラ チッタデッラ
【住所】神奈川県川崎市川崎区小川町4-1
【電話】044-223-2333
【営業時間】店舗により異なる

ソリッドスクエア

『ソリッドスクエア』は尻手の全面ガラス張りのオフィスビルのことです。晴れの日はビルの壁に尻手の青空や周囲の建物が映り、CGで作ったような写真を撮影できます。実は内部も全面ガラス張りの影響で太陽の光が入り込み、光を反射しています。エスカレーターやショップが床に映って不思議な世界を作っているので、外観を撮った後は内部に入るのが得策です。基本的にはオフィスビルですが、一部分にはショップが設けられているため一般人でも入ることができます。

【名前】ソリッドスクエア
【住所】神奈川県川崎市幸区堀川町580
【電話】044-549-6010
【営業時間】店舗により異なる

医王寺

『医王寺』は同名の寺院が全国各地にありますが、尻手からアクセスしやすいのは川崎市の寺院です。ちなみに、尻手駅から電車で約22分で到着します。数ある寺院の中でも非常に丁寧なサービスが評価されているようです。境内にある池の周囲に七福神が設けられているので、七福神巡りを楽しめます。その他に塩で溶けた地蔵様・赤い蟹など、寺院にまつわる話を鉄のノートで丁寧に説明してくれます。詳しくない人でも楽しみながら七福神巡りできることが医王寺の魅力です。

【名前】医王寺
【住所】神奈川県川崎市川崎区旭町2-4-4
【電話】044-233-4239
【営業時間】24時間営業

オステリア ろじえ

『オステリア ろじえ』はレンガ造りの外観がおしゃれな、尻手のイタリアンレストランです。尻手の店内はレトロな内装で、黄色を基調とした華やかなデザインになっています。メニューは季節に合わせて、多種多様な料理を提示しています。特にパスタの種類が豊富なので、好みやその時の気分に応じて選ぶことが可能です。その他に前菜・ピザ・ドルチェまで、あらゆるイタリア料理が用意されています。ソースを使って美しく仕上げてくれるので、写真撮影しやすいです。

【名前】オステリア ろじえ
【住所】神奈川県川崎市幸区南幸町2-20-3
【電話】044-544-6185
【営業時間】
火~土:11:30~14:00/17:30~23:00
日・祝:12:00~14:00/17:30~23:00

るみなすキッチン

川崎駅や尻手駅からアクセス抜群の『るみなすキッチン』はイタリア料理を楽しめるお店です。尻手の店内はカジュアルなバーのような造りで、大人の雰囲気を味わえるおしゃれな空間になっています。厳選した食材だけを使って、とりあえずの1品や目玉料理を作ってくれることが特徴です。仕入れた食材によってメニューが変化するので、ワクワクしながら待ち時間を過ごせます。特に肉選びにこだわっているため、馬刺し・牛タンといった肉料理が人気です。

【名前】るみなすキッチン
【住所】神奈川県川崎市幸区南幸町2-20-7
【電話】050-5263-6817
【営業時間】17:00~24:00

鶴見つばさ橋

尻手の『鶴見つばさ橋』は大黒ふ頭から扇島を繋いでいる、世界最大規模の斜張橋です。アルファベットの「Y」を逆にした主塔から何本ものケーブルが伸び、翼を広げた鳥のような姿になっています。間近で撮っても遠くから撮っても映えるデザインが評価され、尻手のフォトジェニックスポットとして有名です。晴れの日に撮影するとデザインが映えて美しい写真になりますが、あえて曇りの日を選ぶ方法もあります。どんよりとした雲が主塔に覆い被さり、晴れの日とは違った迫力のある写真に仕上がるそうです。

【名前】鶴見つばさ橋
【住所】神奈川県横浜市鶴見区扇島
【電話】なし
【営業時間】24時間営業”

さいごに

尻手は田舎のような雰囲気がある地域ですが、実は都会顔負けのおしゃれなスポットが数多く存在します。普段何気なく使っているスポットでも、見方を変えるだけでおしゃれな写真に変化するのです。特に尻手は天気や仕入れた食材によって撮影できる写真が変化するケースが多く見られます。そのため1度ではなく、2度・3度訪れてみるのが尻手の魅力を知るテクニックと言えるかもしれません。