Colorful Instagram

【厳選】二宮の可愛いインスタ映え×フォトジェニックスポット6選!!

二宮は神奈川の南部にある地域で、一部分は海に面しています。海だけではなく緑豊かな場所も豊富なので、ネイチャースポットが多い傾向にあります。カフェやレストランといったおしゃれスポットも景色を望める特徴があり、おしゃれとネイチャーの組み合わせを楽しめるかもしれません。そこで、今回はグルメと景色の両方に着目して、二宮のおすすめスポットを説明します。

吾妻山公園

『吾妻山公園』は二宮の山の上に設けられている広々とした公園で、非常に見晴らしが良いです。展望台からは街並みを360度見渡せるので、絶景写真を撮影できます。特に富士山や菜の花が見える撮影スポットが人気です。ちなみに、吾妻山公園に行くまでに300段の階段があり、そこで迫力のある写真を撮る方法もあります。また、園内には数多くの桜の木が育っているので、シーズンに入れば春らしい絶景を楽しむことも可能です。

【名前】吾妻山公園
【住所】神奈川県中郡二宮町二宮地内
【電話】0463-72-3611
【営業時間】8:30~17:00

大磯城山公園

二宮の『大磯城山公園』にはカシ・ケヤキなどの木々が生い茂っているため、緑豊かなネイチャー写真を撮影できます。虫や鳥などの生物も頻繁に訪れるので、バードウォッチングを楽しんでいる人も多く見られます。さらに、旧吉田茂庭園があり、日本の風情を感じられることが魅力です。春には桜、夏には紫陽花、秋には紅葉が園内を彩ります。その季節に合った自然を感じられるので、季節毎に訪れやすい二宮のスポットと言えるでしょう。

【名前】大磯城山公園
【住所】神奈川県中郡大磯町国府本郷551-1
【電話】0463-61-0355
【営業時間】24時間営業

旅花

『旅花』は二宮駅の商店街を抜けたすぐの場所にある、緑色の外観が特徴のカフェです。実はカフェのオーナーが内装を手作りでコーディネートしているので、手作り感のある温かな空間が広がっています。通常時はコーヒーやハーブティーなどの飲み物を提供してくれます。度々オリジナリティー溢れるイベントが開催されているので、さらに旅花の魅力を知りたい人は参加してみるのが得策です。

【名前】旅花
【住所】神奈川県中郡二宮町二宮832
【電話】不明
【営業時間】
月~金:6:00~9:00/18:00~21:00
土~日:9:00~18:00

軽食喫茶山小屋

『軽食喫茶山小屋』は山小屋をモチーフにした、木材を基調とした昔懐かしいカフェです。カウンター席のイスが全て丸太のような太くて小さいデザインなので、山や森をイメージさせます。特に有名なメニューとして、オリジナルパフェが挙げられます。実はアイスクリーム・フルーツ・ソース・トッピングの4点を自分で選んで、パフェをカスタマイズできるのです。それぞれのカテゴリーでバリエーション豊富なメニューが用意されているので、自分好みのパフェを注文できます。

【名前】軽食喫茶山小屋
【住所】神奈川県中郡二宮町二宮222
【電話】0463-72-4941
【営業時間】10:30~21:00

サンマロー

『サンマロー』は二宮ブランドに認定されている、「クマカロン」が有名です。その名の通り、クマの形をしたマカロンを意味します。外はサクサク、中はしっとりとした本物のマカロンを追求してクマカロンが誕生したそうです。さらに、クマカロンを発展させて、パンダ・うさぎ・ひよこといったバリエーション豊富なマカロンが展開されています。プレゼントすると見た目から楽しませてくれるので、多くの女性から支持されているのです。

【名前】サンマロー
【住所】神奈川県中郡二宮町二宮1350-5
【電話】0463-72-3150
【営業時間】9:30~19:30

アンティカ チッタ

『アンティカ チッタ』は先程紹介した軽食喫茶山小屋のすぐ隣に位置するレストランです。薪窯を使ってピザを焼く店は二宮では非常に珍しく、香ばしいピザが評判になっています。ピザの底までしっかり焼き上がっているので、生地の旨みを存分に堪能できるそうです。家庭料理のようなどこか懐かしい料理を出してくれるため、温かみを感じられます。さらに、前菜やピザは全体的にボリュームがあり、お腹がいっぱいになりますよ。

【名前】アンティカ チッタ
【住所】神奈川県中郡二宮町二宮222-1
【電話】0463-59-9491
【営業時間】
火~土:11:30~14:30/17:00~20:30
日:11:30~14:30/17:00~19:30

さいごに

今回はカフェやレストランを中心に紹介しましたが、実は緑豊かな場所に位置している店舗が多くなっています。窓側の席を選べば外の風景と料理を同時に楽しめるので、二宮は席選びが重要なポイントです。また、外だけではなく、店内も小物や植物を配置してこだわっている特徴があります。窓側に座れなくても店内の内装を楽しめるため、二宮のスポットを訪れる時は好みに合わせて席をチョイスしてください。