【colorful – マーケティング】美容室・サロンのインスタグラム運用の基礎編

今では美容室・サロンがインスタグラムをきっかけに大繁盛し人気店となったり、インスタグラムをみて美容室、サロンを選ぶという人も増えてきています。

そんなビジネスチャンスが転がっているインスタグラムにおいて、美容室・サロンはどのようなインスタグラム運用をしていけばいいのかの基礎をこの記事では紹介していきます。

美容室・サロンアカウントのプロフィール設定

プロフィールはとても重要な場所となっていましす。ここでの離脱率は74%となっていましす。この離脱率はあなたのプロフィールをを見たときに下にスクロールしないで他のページや戻ってしまうことを指し、この割合がプロフィールを見たうちの74%もいるということです。

あまりにも会社、会社というようなプロフィールですとフォロワーからしたら「あ、宣伝のアカウントなんだな」と思われてしまうので必ずどこかしらで人間味というものを出すようにしましょう。

では次にどうやって人間味を出すかを含めて説明していきます。まず、アカウント名ははシンプルに名前だけをつけましょう。「〇〇カンパニー」というようなビジネス感を出すのではなく、出来るだけ個人的な、プライベートなアカウントであることが伝わようなアカウント名にしましょう。

スタイリストとしてのアカウントの場合でしたら個人名を書くのが望ましいです。アイコンは自分の顔が写ったものにして下さい。これが例えばサロンの画像だったりすると「会社のアカウントか」、「宣伝か」と思われてしまうので出来るだけ人の顔、スタイリストとしての自分の顔を使うようなアイコンにして下さい。

次に、名前を書くのですが、これも自分の「名前+〇〇のスタイリスト」などに設定して下さい。企業名で設定してしまうと見向きもされないというようになってしまいます。

例えば美容院を経営されている企業の方でしたら、〇〇美容院のアカウントを作るのではなく美容院を経営している個人のアカウントを作るのがオススメになります。なので名前は自分の名前+美容院を経営していますと言ったようにするのがオススメです。

プロフィールは日本語で簡潔に箇条書きで書いていただくのが望ましいです。プロフィールは人間味を出しやすい場所なので、内容としては趣味、特徴、人柄などを記入して人柄を出すようにしましょう。

例えば、「表参道で美容院経営しています」であったり、経営者だったら「都内で2店舗経営しています」などです。趣味では「洋画が好きです」「読書が好きです」などです。他にも「自分がこういう価値観を持っています」と言ったような人間味や人柄が伝わるような内容を書くと効果的です。

ここで注意して欲しいのがビジネスアカウントに切り替えることを忘れないでください。ビジネスアカウントに切り替えると電話番号や予約機能とか地図というものがプロフィールに表示されるようになります。この設定をしておくことでフォロワーは予約を取りやすくなります。必ずビジネスアカウントに切り替えることを忘れないようにしてください。

美容院・サロンが投稿するべき写真とは?

View this post on Instagram

オーダー爆発中💣💥 . ホットペッパーでも上位の人気スタイル👍🏻👍🏻👍🏻 . カットは僕の十八番の 【マッシュウルフ】 . サイドは前下がりにして耳スッキリ&小顔効果🙆‍♂️ 束感が簡単に出る様にパーマをかければ朝も楽に決まります☀️ . カラーはダークパープル🔮 黄色味が出にくいので色持ちを気にする方にもオススメです☺️ . #akros #アクロス #髪西 #マッシュウルフ #ツーブロック #パーマ #ゆるふわ #マッシュ #ショート #かっこいい #束感 #ヘアセット #原宿 #モテ髪 #メンズヘア #イケメン #お洒落 #menshair #マッシュショート #メンズパーマ#メンズ #メンズカット #モデル #サロモ #ナチュラルマッシュ #大津コースケ

A post shared by AKROS メンズヘア 大津 コースケ (@akros_kosukeo2) on

写真に関してはポートレートと通常モードというものがスマートフォンによっては機能が備えられているのでこの2つというものを使い分けて撮影していただくと違う雰囲気の写真が撮れるのでこの2つを上手に使い分けて写真を撮りましょう。

美容師さんならではの写真なのですが、施術のbeforeとafterの写真をできるだけ載せましょう。見ているユーザーからするとこんな風だった髪型からここまで変わったんだ、人って髪型だけでこんなに変わるんだというのがちゃんとフォロワーさんに見ていただけることで、「この人すごい!ここで切ってもらえたら自分も違う雰囲気になるかも」と思ってもらえて来店につなげられます。その為出来るだけこのbefore,afterの写真は投稿して下さい。

写真ばかりの投稿でも良いのですが、出来るだけ動画を使用することで髪の質感や色味をリアルに見せることができるので動画を投稿することでフォロワーにもプロフィールをみてもらえる回数は上がるでしょう。

自分のスタイリングの写真をたくさん投稿をしていくと思うのですが、たまに人間味を出すために9枚に1枚くらいの頻度で「どこどこにお出かけしてます。今日は家族で一日お出かけです」と言ったようなプライベートの内容の投稿をたまにしていただくと親近感が持たれやすくなります。

美容師・サロンアカウントの投稿文は自分の知識を共有しよう

美容師としてどんな文章を書いたら良いのかと困っている方も多いと思いますので、いくつかコツをお教えします。

まずは学べる内容、共感できる内容を書いていただきたいです。学べる内容に関しては美容師さんは得意で沢山かけると思います。例えばこういうようにカットするとこのような雰囲気になります、カラーはこういう風にすると髪が痛むのでこういうことをして下さいと言ったような内容です。髪の毛について知らないひとが多いと思うので、自分の知識を小出しにする感じで学べる内容を書いていただくと、見ているユーザーも「この人はいろいろ知っているんだなぁ」と思い、信頼が生まれます。

他には、これも信頼に繋がることなんですが、自分の確かな技術とお客様への思いを書いて欲しいです。
注意として宣伝はNGになります。例えば、「今日は遠くから来てくださったお客様がいました。ありがとうございます。」と書くことでユーザーは「この人は遠くからお客さんがくるほどすごい人なんだ!お客様に対してありがとうと言える真摯な思いを持っているんだなぁ」と好印象を与えることができますし、技術を持っていることを間接的に認識してもらえます。

他には写真と同様に10枚前後でプライベートな内容を投稿していただけると人間味が出るので良いです。例えば、「今日は家族で1日お出かけです!娘は水族館のペンギンばかり見ています」というような内容をかくと「この人は家族がいて、ちゃんと日常も楽しんでるんだなぁ」というように一人の人間として好感を持ってもらえます。美容師としては、お客様がファンになってもらいやすくなるために好感度を上げるのは大事です。

美容室・サロンが使うべきハッシュタグとは?

まず最初にヘアスタイルについてのハッシュタグをつけましょう。ここで注意して欲しいのはは美容師、ヘアスタイルの世界ではトレンドでいろいろな言葉が生まれていますので最新のトレンドキーワードをハッシュタグに入れ込むことが事です。

例えば最近では「ウザバング」「外ハネ」と言ったようなそのときその時の言葉は投稿に当てはまるのであれば絶対にそのタグを利用しましょう。

ユーザー「外ハネでいい髪型がないかな」とインスタグラムで検索をかけた場合はその投稿が検索に引っかかり見つけてもらうことができます。その時その時の流行で検索されることが多い業界なので最新のトレンドはキャッチアップして下さい。

次に自分の作った作品にはオリジナルのハッシュタグをつけて下さい。これは自分が作った作品を写真に収めて投稿するときに、「〇〇(自分の名前)+ショート」と言ったようにハッシュタグをつけてみて下さい。

自分が得意とするスタイルなどは積極的にオリジナルハッシュタグを作って毎回投稿に入れて下さい。そうすると自分のブランディングにもなるのでオススメです。

あとは写真に当てはまる他のキーワードをしっかり入れて下さい。当たり前のことですが、髪型についてのことだけでなく「外国人風」「イメチェン」などスタイルの雰囲気に沿ったハッシュタグをいれるのが望ましいです。

最後に

今ではたくさんのフォロワーを抱えている美容師アカウントやサロン、美容室アカウントが存在しています。今からでも遅くないので、インスタグラム運用に力を入れてみましょう。人気アカウントとなれば多くの来店、売り上げに繋げることができますので是非とも力を入れてみてください。