【colorful – マーケティング】オンライン・ECの参考インスタグラムアカウント

オンライン、ECとインスタグラムの相性は抜群でアカウントが成功するということはビジネスが大成功すると言っても過言ではないです。そのためにはアカウントを育てるため試行錯誤を繰り返して色々とチャレンジしてみてください。

この記事ではオンライン・ECのインスタグラム運用におけるNG例、OK例、参考のアカウントの解説をしていきます。

オンライン・ECのアカウントのNG例 OK例

まずはNGの例から説明します。写真を見た時に、商品の世界観があまり出ていないアカウントや、写真がバラバラすぎてまとまっていなくて世界観がどんなものかわからない伝わらないというのはありがちなNGになっています。

他にも画像カラーのばらつきもNGです。「またインスタグラムはビジュアルが大事になってきますので。写真に文字が多いというのは好まれません。このようなアカウントではフォローもされないですし、見たユーザーに買いたい!と思われるのは難しいでしょう。

次はOKな例を説明します。投稿一覧を見た時にアカウントにブランドなどの世界観が表現されていることが大事です。投稿に統一性があることで世界観が伝わりやすくなり、ユーザーから興味を持たれやすくなります。

他にも、自然に商品が入っている写真を投稿することです。あからさまに商品です、商品ドーンというのは宣伝らしさが増し煙たがられてしまいます。ライフスタイルの中に商品が入っていますというような、写真の中にナチュラルに商品が入っているのが良いでしょう。

上記をしっかりと実践することで、世界観と商品に惹かれてフォロー、購買へと繋げることができます。

オンライン・ECのアカウントとして参考にしたいアカウント

インスタグラムには数多くのオンライン・ECのアカウントが存在しています。これらを参考にして色々と試してみるのも一つの手でしょう、以下では具体的に参考にして欲しいインスタグラムアカウントを紹介します。

@ayakawasaki

こちらはハワイらしいイメージのポーチを販売しています。写真が綺麗な投稿をしているので、撮影の参考にしてみてください。

@jemiremi_official

こちらは韓国のトレンドファッションを扱うオンラインでのみ販売しているアパレルブランドです。UGCの活用やオシャレセンスは参考になるはずです。

@uber

こちらは有名なuberですが、こちらのアカウント写真は単純な写真ではなくストーリー性のある写真となっていますのでどのようにストーリー性を持たせればいいかの参考にしてみてください。

最後に

オンライン、ECは今後インスタグラムとの連携により爆発的に売り上げが伸びる可能性があります。今のうちからフォロワーを獲得し、ファンを作っておくことで今後のビジネスチャンスを生かすことができるでしょう。

自分の投稿を見返してどこがいけないのか、ここが良かったとインサイト機能を用いてしっかりと分析を行いましょう。