Colorful Instagram

宮城県石巻市周辺のフォトジェニックなスポット!

石巻市は、宮城県で仙台市に次ぐ人口第2位の都市。

東日本大震災で多大な被害を受けましたが、震災から復興していく姿と、以前と変わらず残る姿を見ることができます。

そこには雄大な太平洋が臨める場所やおしゃれなカフェなど、フォトジェニックなシーンがたくさんあります。

そこで、石巻周辺にある素敵なインスタ映えするスポットをまとめてみました。

石ノ森萬画館

宮城県出身の漫画家である石ノ森章太郎さんの世界を体験できる石ノ森萬画館。

「仮面ライダー」など多くの人が知っているキャラクターの原画などが展示されています。

3階には石ノ森章太郎さんの短編SFのタイトルから名付けられたカフェがあります。人気キャラクターにちなんだメニューも、インスタグラムに残したいもののひとつ。

眼下に広がる石巻の街並みや、日和山や北上川の眺望も楽しめます。

【名前】石ノ森萬画館
【住所】宮城県石巻市中瀬2-7
【電話】0225-96-5055

【営業時間】
夏休みなどの長期休暇中やイベントなどによって休館日が変更になる場合があります。

◆3月〜11月
9:00~18:00(チケット販売は17:30まで)
定休日:第3火曜日

◆12月〜2月
9:00~17:00(チケット販売は16:30まで)
定休日:火曜日

日和山公園

日和山公園は石巻市中心部の丘陵地にあり、中世には奥州総奉行の葛西氏の城があったと伝えられている場所です。

春には桜やツツジの名所として知られ、多くの人が訪れます。また、丘陵には牡鹿十座の一つで武神を祀る鹿嶋御児神社が建立されています。

旧北上川の河口から続く太平洋が眼下に広がり、遠くは牡鹿半島や松島、さらには蔵王の山々が一望できる絶好の撮影スポットです。

松尾芭蕉や宮沢賢治、石川啄木など多くの文人が歌を詠んだ場所としても有名です。

【名前】日和山公園
【住所】宮城県石巻市日和が丘2丁目2
【電話】0225-95-1111(石巻市役所)

金華山

宮城県石巻市の太平洋上に浮かぶ金華山。

島全体が金運や開運の神様である弁財天が祀られている黄金山神社の神域で、「奥州三霊場」の一つとして古くから信仰の島として知られています。

「3年続けて参拝すると、一生お金に困らない」と言われ、全国各地から多くの参拝客が訪れています。

島には手つかずの自然が多く残り、神の使いとされる鹿や野生の猿が棲んでいるので、散策中に出会えるかもしれません。

桟橋の反対側には雄大な千畳敷があり、美しい海岸線を写真に収めることができます。

島の東側の断崖絶壁に立つ白亜の金華山灯台は、国の登録有形文化財にも指定されています。

【名前】金華山
【住所】宮城県石巻市鮎川浜
【電話】0225-45-2114(石巻市牡鹿総合支所地域振興課)

サン・ファン・バウティスタパーク

宮城県石巻市のサン・ファン・バウティスタパークは、17世紀に慶長遣欧使節が旅したイタリア庭園をモチーフにしています。

帆船の一種であるガレオン船で、慶長使節船として使われた「サン・ファン・バウティスタ復元船」を係留・展示する「サン・ファン館」では、乗船見学や映像体験・慶長遣欧使節の業績を紹介するコーナーなどを見学できます。

また、公園内には撮影スポットにぴったりな、市民から寄贈された「DREAM BELL(夢をかなえる鐘)」が設置されています。

サン・ファン・バウティスタパークは「サン・ファン館」が休館日でも入ることができます。

【名前】サン・ファン・バウティスタパーク
【住所】宮城県石巻市渡波大森30-2
【電話】0225-24-2210

【サン・ファン館の営業時間】
9:30~16:30(8月中は17:30まで)
※最終入館は閉館の30分前まで
※休館日:火曜日(祝日は除く)、年末年始

Cafe はまぐり堂

宮城県石巻市の牡鹿半島にある小さな集落「蛤浜」。

そこに隠れ家のような可愛らしいツリーハウスが出迎えてくれる、古民家を改修した「Cafeはまぐり堂」があります。

敷地内にはカマドがあり、建物は古い日本家屋の良さがそのままで、心休まる風情があります。

天気の良い日は、縁側で食事やお茶を楽しめるのも魅力的です。

【名前】Cafeはまぐり堂
【住所】宮城県石巻桃浦字蛤浜18
【電話】0225-90-2909

【営業時間】
土・日・月:11:00〜17:00(ランチは14:00まで)
木・金:13:00〜17:00(ドリンク・デザートのみ)
※定休日:火・水

亀山展望台

宮城県石巻周辺でリアス式海岸が一望できる展望台として有名なのが、宮城県気仙沼市にある「亀山展望台」。
気仙沼港から25分ほど船に乗って大島に渡り、リフトで亀山展望台に上って行きます。

周囲を360度見渡せる展望台からは太平洋の眺望を楽しむことができ、元旦には日の出を見るために多くの人が訪れます。

大島は椿で知られていますが、その椿と同じ頃に薄緑色の花が美しい「御衣黄」という桜が咲き、東北の春を楽しむことができます。

【名前】亀山展望台
【住所】宮城県気仙沼市亀山
【電話】0226-28-3000(気仙沼大島観光協会)

さいごに

石巻のインスタ映えするスポットを6つ紹介しました。

石巻は震災からの復興を進めながらも、古くからの観光スポットも大事にしています。

自然豊かな石巻周辺にはインスタ映えするフォトジェニックな場所がたくさんあります。美しい風景と美味しい食べ物を楽しみながら、素敵な写真を撮ってインスタグラムに投稿してみましょう。