【colorful – マーケティング】インスタマーケティングに活用できる#Likes(ハッシュライクス)のシステムを解説

この記事では#Likes(ハッシュライクス)についてお話ししていきたいと思います。まず、#Likes(ハッシュライクス)のシステムがどんなものか完結に述べると自動でフォロワーを増やしていくものになります。

ただ、でたらめに増やしても意味がないと思うんですね、例えば渋谷に店舗があるのに北海道に住んでいる人を千人集めたところで来店にはつながらないと思います。なので、渋谷によくいる人っていうターゲットをしっかり絞った人たちを集めることが大事です。

このターゲットの精度を#Likes(ハッシュライクス)は強みとしています。どんなターゲットを絞れるかというと大きく分けて6つのターゲットを絞ることができるます。

#Likes(ハッシュライクス)の精度

まずマーケティングに利用できるエリアのターゲットが可能だということです。先ほど述べました渋谷に店舗があるのに北海道の人を集めたところで意味がないですね。なので渋谷付近にいる人っていうエリアのターゲットも絞ることができます。

ただ、ここだけではなく頻度のターゲットも絞っていきます。例えば、今日渋谷にいるけれども大阪から観光に来ていたという人であれば明日には帰っちゃうかもしれないという人は見込み客ではないと思います。なので月に5回から10回以上渋谷にきている人というような頻度のターゲットも絞ることができます。

次に、コミュニティターゲットです。このコミュニティのターゲットが一番満足度が高いんです。わかりやすい例を出してみると、例えば僕が旅行会社の社長だとした時にインスタグラム上で旅行好きを集めたいなって考えた時にどこにいるのかなって考えたらANAさんJALさんJTBさんのような旅行会社をフォローしている人たちっていうのは旅行好きが集まっていますよね。

ここに対して#Likes(ハッシュライクス)システムが裏から回って集めていきます。なので、悪く行って仕舞えば競合の他社からリストを引っ張ってくることができる、コミュニティのターゲットになります。

次に、興味のターゲットです。ハッシュタグで今世の中の人たちっていうのはインスタグラムを投稿する時に自分のやったことや行ったところっていうものをむやみやたらに投稿すると思うんですけども、#Likes(ハッシュライクス)からすると世の中の人たちの興味がわかっちゃいます。

例えばママさんを集めたいのであれば「#子育て」「#育児」 「#保育」 っていうものを使っている人たちを集めてみたらママさんが多かったという形で興味のターゲットも絞ることが可能になります。

この大きく分けて6つのターゲットを絞ることができるんですけども、わかりやすくストーリー化していきましょう。

#Likes(ハッシュライクス)を利用してみると?

もし、渋谷にあるオシャレなカフェのオーナーだとしたらの話で仮定します。渋谷にあるカフェなので渋谷に月2回以上きている人がターゲットになると思います。するとですね、132万人というターゲットが絞れます。次に、オシャレなカフェなので40代から50代のおじさんなかなか来ないですよね。なので、18歳から35歳の女性とターゲットを絞れます。

そうすると73万人というターゲットになるんですけど、その後に興味のターゲットも絞っていきます。例えばアニメ好きな引きこもっている人であればなかなかオシャレなカフェには来ないと思いますので、ハッシュタグでよくカフェとかグルメとか女子会、ショッピングというものを使っている人にターゲットを絞ると15万人になります。

ここまで#Likes(ハッシュライクス)の人工知能で皆さんも見込み客を集めていきます。この15万人まで絞って行った先に何をするかっていうといいね!フォローとこの2つのアクションをこの15万人に自動で送っていきます。

なぜフォローするとフォロワーが増えるの?とか集客につながるの?という質問があると思います。例えば知らない人からフォローがきたら、誰だろう?って見返します。フォローされた87%の人が見返すと言われています。

例えばこの女性がフォローがきて、誰だろうって見返します。そうするとこのアカウントに飛ぶんですね。で、この女性っていうのはでたらめな人じゃないですよね。#Likes(ハッシュライクス)の人工知能で渋谷によくくるカフェ好きな女性とターゲットが絞られているのでアカウントを見てみたら、このアカウント渋谷のカフェだ、来週友達と行くじゃん、じゃあちょっと行ってみようかな?とかオフィスから3分圏内じゃんということで来店につながることが可能になります。

なので、皆さんも見込み客を#Likes(ハッシュライクス)のシステムが24時間365日、寝てる時も起きてる時も仕事をしている時も自動で皆さんのアカウントに集めていくこういうことが可能になるのが#Likes(ハッシュライクス)のシステムになります。

最後に

#Likes(ハッシュライクス)のシステムを使って1ヶ月で二百人しか伸びないという人もいれば、千人、二千人ってフォロワーが増える人がいるんですね。

この違いは何かって言うとアカウントのクオリティになります。#Likes(ハッシュライクス)のシステムを入れていただいて見返してくれた人って言うのはこの人がフォローするかしないかを決めるので、アカウントが例えば3枚しか投稿していないとか、極端に言うと虫の写真しか投稿していないアカウントはフォローされづらいです。

なのでアカウントのクオリティが大事になるんですが、このアカウントのクオリティが高いとフォロワーの伸びがよくなっていきます。それではどういう投稿をしたらクオリティが高くなるか、人を引き寄せるようなアカウントを作れるのかというところを他の記事で解説にしていますので是非参考にしてみてください。