Colorful Instagram

【厳選】京都のインスタ映え×フォトジェニック神社 7選!!

京都といえば神社は外せない存在ですね。しかし、京都にとてもフォトジェニック神社があるのをご存知でしょうか。

新しいものとは違う本物の美しさや、時代を経たぐっと迫ってくるような味わいが、そこにはあります。あなたも京都のフォトジェニックな神社で、インスタ映えする写真を撮ってみませんか。

河合神社

京都市左京区下鴨にある、世界遺産に登録された下鴨神社(賀茂御祖神社)の境内に、河合神社はあります。河合神社のご神体は、なんと古くから女性の美の神様として信仰されている、玉依姫命が祀られているのです。

そのため絵馬の形も通常とは違い、柄のついた鏡の形をした「鏡絵馬」になっており、表には女性の顔が描かれています。それを自分の顔として(自分の)化粧品で、美しくなりたいという願いを込めて化粧を施します。そのため、河合神社にお参りするときには、メイク道具をお忘れなく。

河合神社には美しく化粧をした沢山の鏡絵馬が奉納されており、美しい絵馬が並ぶ様子は大変インスタ映えします。あなたも自分の鏡絵馬を描いて、インスタグラムにアップしてみてはいかがでしょうか。

河合神社には鏡絵馬だけではなく、カリンの実と御神水から作られた「美人水」や、石を触ってから自分の肌にこすると色白の肌になれるという「御白石」もあります。美しくなりたい女性には、たまらなく嬉しい神社ですよ。

【神社名】河合神社
【住所】京都市左京区下鴨泉川町59

【電話】075-781-0010
【拝観時間】 6:30~17:00
【休み】なし

安井金比羅宮

京都府京都市東山区東大路に、安井金比羅宮はあります。あらゆる「悪縁を切り、良縁を結ぶ」御利益がある、とされている神社です。

ここには「縁切り縁結び碑(いし)」と呼ばれる巨石があり、中央の亀裂から神様の力が、円形の穴に注がれると言われています。参拝者は、本殿に参拝した後に、願いごとを書いた「形代(かたしろ/身代わりのおふだ)」に願い事を書きます。

願いごとを念じながら碑(いし)をくぐってから、形代を貼り付けると願いがかなうと言われているため、碑(いし)はたくさんの形代に覆われていて、なんともフォトジェニックで神秘的な雰囲気です。

ここは男女の縁だけではなく、病気やお酒、タバコなどのすべての悪縁を切る祈祷ができるようです。でも良縁は切れないそうなので、うまくいっているカップルは、安心して参拝してください。

【神社名】安井金比羅宮
【住所】京都府京都市東山区東大路松原上ル下弁天町70

【電話】075-561-5127
【拝観時間】 終日可。「縁切り・縁結び碑」のご祈願は24時間可能。「形代(お札)」は形代授与所に終日ご用意あり。お守り、絵馬等の授与所は午前9時から午後5時30分まで。
【休み】なし

鹿王院

京都府京都市右京区に鹿王院はあります。足利義満や源実朝の時代からの歴史あるお寺で、石畳や壁を何気なく撮影してもなんともいえない風情を写真にも残すことができます。

特に、もみじなどが茂る広い庭に伸びる石畳は、新緑の季節や紅葉の季節は、どちらも捨てがたいほどフォトでニックで人気があります。石畳の入れ方で雰囲気が変わるのも、撮影していて面白く感じられるようです。

庭はびっしりと苔むしており、苔のアップの写真などを撮るのも面白いかもしれません。紅葉の季節はもみじが赤く色づき、静かな中にも華やかで繊細なインスタ映えする写真が期待できます。

【神社名】 鹿王院
【住所】 京都府京都市右京区嵯峨北堀町24

【電話】 075-861-1645
【拝観時間】 9:00~17:00
【休み】 なし

 

蓮華寺の額縁庭園

京都府京都市左京区に額縁庭園がすばらしく、とてもフォトジェニックな蓮華寺はあります。

額縁庭園とは、窓や柱を額縁のように見立てて、窓越しに庭園を見ることをいいます。室内は暗く黒く、庭園は明るく色鮮やかなため、明るいところで庭を見るのとは違う美しさが感じられるのです。

また、フレームに入った写真や、一枚の絵画のように庭園を鑑賞することができます。その額縁庭園をまた写真に収めるのも、楽しいものです。

額縁庭園はここだけではなく、いろいろな神社やお寺で見ることができますが、蓮華寺の額縁庭園は特にすばらしく、窓越しに見える絶景とも言われているほどです。

新緑の季節、夏の鮮やかな日差し、秋の鮮やかな紅葉、冬の雪景色と、それぞれの季節でそれぞれの趣があり、額縁からのすばらしい庭園を満喫できます。

【神社名】蓮華寺の額縁庭園
【住所】京都府京都市左京区上高野八幡町1

【電話】075-781-3494
【拝観時間】 9:00~17:00
【休み】不定休

貴船神社(きふねじんじゃ)

京都府京都市左京区に、貴船神社はあります。ここは縁結びの神様として、平安期からたくさんの人が参拝したと伝えられている由緒ある神社です。

なんといっても参道の入り口から見上げる階段の上まで、赤い灯篭が連なっているのが圧巻です。山深い場所にあるので、山の霊気も感じられてとても神秘的です。

赤い灯篭は鮮やかな緑の木々にも、降り積もった白い雪にも映えるので、どの季節もすべてフォトジェニック!季節を問わず、インスタ映えする写真を撮ることができそうです。

貴船神社には、もみじの形をしたもみじの絵馬があり、もみじが紅葉する季節には、もみじの絵馬もまた赤く色づいた絵馬へと変わります。

【神社名】貴船神社(きふねじんじゃ)
【住所】京都府京都市左京区鞍馬貴船町180

【電話】075-741-2016
【拝観時間】6:00~20:00 (5月1日~11月30日)、6:00~18:00 (12月1日~4月30日)
【休み】なし

 

鹿王院

京都府京都市右京区に鹿王院はあります。足利義満や源実朝の時代からの歴史あるお寺です。そのため、何気なく石畳や壁を撮影しても、なんともいえない風情を写真にも残すことができます。

もみじなどが茂る広い庭に伸びる石畳は、特にフォトジェニックだと人気があります。新緑の季節や紅葉の季節は、どちらも捨てがたいほど綺麗で、どの季節に訪れるべきか迷ってしまう人も多いようです。

写真を撮る時は、石畳をメインにするか木々をメインにするかで、がらりと雰囲気が変わります。それが撮影していて面白く感じられるようです。

庭はびっしりと苔むしており、苔のアップの写真などを撮るのも面白いかもしれません。紅葉の季節はもみじが赤く色づき、静かな庭に華やかで繊細な色合いを添え、さらにインスタ映えする写真が期待できます。

【神社名】鹿王院
【住所】京都府京都市右京区嵯峨北堀町24

【電話】075-861-1645
【拝観時間】9:00~17:00
【休み】なし

高桐院

京都府京都市北区に高桐院はあります。静謐で広い境内のなか石畳の参道がまっすぐに続く様子が、とても美しくてフォトジェニックです。

竹林と苔がことに美しくなる新緑の季節や、もみじなどが赤く色づく紅葉の季節が、とくに美しいと言われています。まっすぐに伸びた参道と庭の木々の様子も大変絵になりますが、落ち葉が散った苔の様子をアップで撮影しても、美しくてインスタ映えする写真になります。

平成31年3月31日 まで本堂は屋根の葺き替えの工事中のため、本堂は拝観できませんが、門までは入って見ることができます。門まででも、庭や参道の美しさは十分堪能することができます。

本堂の工事が終わった後は、本堂も拝観することが可能になり、本堂から庭を眺めることもできます。

【神社名】高桐院
【住所】京都府京都市北区紫野大徳寺町73−1

【電話】075-492-0068
【拝観時間】9:00~16:30
(平成31年3月31日まで本堂は工事中のため入れません)
【休み】不定休

さいごに

京都のフォトジェニックな神社やお寺をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。自然と建物の繊細な美しさに、今まで神社に抱いていたイメージが、変わってしまうような神社もあったのではないでしょうか。

ぜひ一度足を運んで、インスタグラムにアップしてみて下さいね。拝観時間などが季節により変わることがありますので、訪問前には再度確認をしてからお出かけください。