Colorful Instagram

【厳選】今すぐ行きたい!京都のフォトジェニック神社6選

京都の神社などの観光情報には詳しいし、観光で何度も訪れたことがある、という人も多いと思います。でもフォトジェニックという別の切り口でみると、観光地として有名な場所とは、また違う場所が魅力的に見えてくることもあるのです。

いますぐ訪れたくなる京都のフォトジェニックな神社を、6箇所ご紹介いたします。あなたもインスタにアップしたくなる神社が、きっと見つかりますよ。

方丈庭園

京都市左京区下鴨にある、南禅寺の境内に、方丈庭園 はあります。南禅寺は三門という門で広く知られていますが、その三門をさらに進むと、奥の方丈庭園へと出ます。

方丈庭園は石や砂利などで作られた庭や滝のある庭園など幾つかの庭があります。それぞれ趣が異なる庭なので、庭の表情の違いを飽きずに楽しむことができます。

庭のデザインは、まるで現代絵画のような幾何学模様なので、とても現代的で前衛的であるようにも見えます。時代を先取りしたような庭に、驚きを思えるかもしれません。

方丈庭園は庭全体を撮影しても、一部を切り取って撮影しても、どちらも絵になり、とてもフォトジェニックな庭です。撮影する角度で石の表情が変わるので、自分だけのインスタ映えする一角を見つけてみたくなります。

また、方丈庭園では、滝のある庭を見ながらお抹茶を飲むこともできます。この部屋からの眺めも素晴らしく、日本画を眺めているように景色を楽しむことができます。

【神社名】 方丈庭園(ほうじょうていえん)
【住所】 京都府京都市左京区南禅寺福地町

【電話】 臨済宗南禅寺派宗務本所075-771-0365
【拝観時間】 12月1日~ 2月28日 午前8時40分~午後4時30分、
3月1日~11月30日 午前8時40分~午後5時
【休み】 年末

天台宗 愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)

京都府京都市右京区に、千二百羅漢の寺ともいわれる愛宕念仏寺があります。ここは名前のとおり1200体もの羅漢(石仏)があることで有名です。

境内には信徒や参拝者からの1200体の石仏が並んでいますが、その表情はどの石仏も味わい深く、見ているだけで癒される石仏ばかりです。石仏の表情を眺めているだけで、時を忘れて過ごすことができそうです。

苔むした石仏や風雪で古びた石仏には、なんとも日本的な味わいに溢れています。また雪の季節には、石仏の頭にも雪が積もり、また違う味わいが増えます。

石仏を一つ一つ見ていくと、何とも可愛らしいフォトジェニックな石仏や、ユニークで思わず笑ってしまいそうな表情の石仏、じっと何かを考えているような石仏などがあります。どの石仏も違う魅力があるので、たくさん写真を撮りたくなってしまうかもしれません。

また、愛宕念仏寺は朝の早くから(8時から)拝観することができるため、嵯峨野めぐりをする時にはここからスタートする人が多いようです。

【神社名】 天台宗 愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)
【住所】 京都府京都市右京区嵯峨鳥居本深谷町2-5

【電話】 075-865-1231
【拝観時間】 8:00から17:00(閉門は15分前)
【休み】 無休

 

南禅寺水路閣

京都府京都市左京区に、南禅寺水路閣はあります。水路閣とは水を通す橋のことで、もともとは明治維新後に琵琶湖の水を京都へと流すための水路として作られました。

この水路は南禅寺の境内にありながら、水路閣は赤レンガでできたアーチ状の水路になっており、モダンでフォトジェニックな景観です。

洋風でモダンとも言える水路閣ですが、時代を経て味のある古さが加わり、美的とも言える空間になってきました。

角度を工夫すると、水路閣の赤レンガのアーチがどこまでも続くような、アートな写真も撮ることができます。どこか異国のような雰囲気もあり、インスタ映えするスポットになっています。

また、水路閣は風景だけではなく、アーチにもたれて物思いにふけったり、さりげなく佇む様子を写真に撮ると、とても雰囲気が出て絵になる写真を撮ることができます。

あなたもアートな写真に挑戦してみてはいかがでしょうか。

【神社名】 南禅寺水路閣(なんぜんじ すいろかく)
【住所】 京都市左京区南禅寺福地町

【電話】 臨済宗南禅寺派宗務本所 075-771-0365
【拝観時間】 12月1日~2月28日 午前8時40分~午後4時30分、
3月1日~11月30日 午前8時40分~午後5時
【休み】 年末

キモノフォレスト

京都府京都市右京区にある嵐電嵐山本線嵐山駅の「嵐山駅 はんなり・ほっこりスクエア」の一角にキモノフォレストがあります。憩いの広場になっており、散策を楽しみながら、友禅を丸く立てたような、友禅ポールを見て回ることができます。

昼間に訪れると、赤や紫、緑などの色鮮やかで華やかな友禅模様を見比べて楽しむことができます。しかし、キモノフォレストの魅力はそれだけではありません。

日が沈み夜になると約600本のポールがライトアップされて、幻想的な世界に変わります。イルミネーションを見るように、ライトアップされた友禅を楽しむことができるスポットになっています。

キモノフォレストは他にはない京都らしい和のテイストの空間になっており、フォトジェニックな場所です。駅の憩いの広場にあるため、無料で自由に散策することができ、撮影することができるスポットです。

【神社名】 キモノフォレスト
【住所】 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺造路町35−28

【電話】 075-343-0548
【見学時間】ライトアップは 16:00~21:00
【休み】 なし

 

仁和寺

京都府京都市右京区に世界遺産に登録された仁和寺があります。境内はとても広く、江戸時代に建造された五重塔や二王門などがあり、また江戸時代に植えられた御室桜などを見ることも出来ます。

京都の仏閣は繊細なものが多い中、仁和寺は広い境内に雄大さを感じることができる場所です。仁和寺には五重塔や二王門、よく手入れされた庭園など、フォトジェニックがスポットが何ヶ所もあります。どこも仁和寺らしい雄大な写真を撮ることができそうです。

参道の石畳も雄大で広々とした道のため、空がとても広く見えます。構内にはもみじも植えられており、紅葉の季節には綺麗に色づいた姿をみることができるため、人気があります。

【神社名】 仁和寺(にんなじ)
【住所】 京都府京都市右京区御室大内33

【電話】 075-461-1155
【拝観時間】 3月~11月9:00~17:00 、12月~2月9:00~16:30
【休み】 –

岡崎神社

京都府京都市右京区にうさぎ好き必見の岡崎神社があります。とにかく岡崎神社の境内は、どこを見ても白やピンクの可愛いうさぎがいっぱいでインスタ映えすることは間違いありません。

また、岡崎神社はうさぎが守り神であるため、狛犬ならぬ狛うさぎもいるのです。神社の社と一緒に写真に収めることもできます。

また、おみくじのうさぎもとても可愛いらしくて、フォトジェニックです。白やピンクの小さなうさぎが、たくさん並んでいる姿は、ここでしか見ることができない風景かもしれません。

うさぎは子供を沢山産む動物です。そのため、うさぎが守り神である岡崎神社は、子授け、安産、縁結びのご利益があるとされています。

可愛いうさぎが並ぶ様子は女子受け抜群ですし、それだけではなく縁結びや子宝のご利益があるという、女性には大変嬉しい神社です。岡崎神社に、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

【神社名】 岡崎神社
【住所】 京都府京都市左京区岡崎東天王町51番地

【電話】 075-771-1963
【拝観時間】 9:00~17:00
【休み】 なし

さいごに

京都のフォトジェニックな神社はいかがでしたか。インスタにアップしたい神社は見つかったでしょうか。

神社は季節により拝観時間などが変わることが多くあります。訪問の前にはもう一度拝観時間などを公式ページなどでご確認してから、お出かけください。

京都の庭園は、初夏秋冬どの季節もそれぞれ魅力的です。いろいろな季節に訪れて、インスタグラムにアップして、季節の写真を比べて楽しむのも面白いですね。