イタリアのインスタ映えスポット紹介・ミラノ編

インスタグラマーに大人気の街ミラノ。イタリアを代表する観光都市で、世界中から高級ブランドが集まっています。建物は鮮やかなカラーはほとんど使っておらず、どこも淡いカラーで統一されています。このシックな感じが夜になると街灯に照らされ違った一面を見せてくれます。
今回はおしゃれな街ミラノのおすすめスポットを紹介します。

Riso e Latte

90年代の雰囲気漂うミラノの人気レストラン「Riso e Latte」。ミラノの路地裏のようなマンフレンド・カンペリオ通りにあり、お店を含め映画や旅行雑誌でよく見るような風景はインスタ映えに最適です。メニューはおしゃれな王道イタリア料理から、日本ではあまり見かけない色のリゾットを食べることができます。

【名前】Riso e Latte
【住所】Via Manfredo Camperio, 6, 20123 Milano MI, イタリア
【電話】+39 02 3983 1040
【営業時間】
月~日:12:30~14:30、19:30~22:30

スフォルツェスコ城

ミラノの有名観光地となっている中世に建てられたお城「スフォルツェスコ城」を紹介。元々は中世イタリアの貴族のお城でしたが、現代ではミラノ市立の美術館として観光地に生まれ変わっています。インスタグラマーには外観が人気で、昼は歴史的建造物、夜は暗闇に浮かぶお城を撮影することができます。まれに修復工事や改装で臨時休業する場合があるため、事前にチェックしておくといいでしょう。

【名前】スフォルツェスコ城
【住所】Piazza Castello, 20121 Milano MI, イタリア
【電話】+39 02 8846 3700
【営業時間】
月~日:7:30~21:30

センピオーネ公園

ミラノ市民の憩いの場となっている「センピオーネ公園」。朝から続々と人が集まり、周りの目を気にせず優雅にくつろぐ事ができます。スフォルツェスコ城と同じ敷地にあるため、セットで観光するインスタグラマーが多くいます。敷地内には歩道沿いに芝生があり、ミラノ市民以外もシートを敷いてピクニックしたり写真を撮ったりしており、イタリアの自由な雰囲気を体感できます。

【名前】センピオーネ公園
【住所】Piazza Sempione, 20154 Milano MI, イタリア
【電話】+39 02 8846 7383
【営業時間】
月~日:6:30~21:00

Marchesi

ミラノでおしゃれな朝食が食べられるカフェ「Marchesi」。ミラノの街を眺めながらコーヒーや紅茶を飲みながら、焼き立てのパンやイタリア料理を楽しめます。お店の外観や内装はインスタグラマーに人気で、インスタグラム上では外観と内装の写真が同じくらい投稿されています。

【名前】Marchesi
【住所】Via Santa Maria alla Porta, 11/a, 20123 Milano MI, イタリア
【電話】+39 02 862770
【営業時間】
火・木~日:7:30~20:00
水:8:30~13:00(日曜と入れかわる時があります)
【定休日】

ドゥオーモ

イタリアを代表する大聖堂「ドゥオーモ」はドイツのケルン大聖堂と並んで世界最大級のゴシック建築です。ミラノの住民だけでなく世界中から観光客が訪れる人気観光スポットです。大聖堂内部は巨大な柱が列になり、55枚のステンドグラスが出迎えてくれます。内部は少し暗くいため、外から光を取り込むステンドグラスが美しいグラデーションが照らしてくれます。ミラノの観光スポットランキングで不動の1位です。

【名前】ドゥオーモ
【住所】Piazza del Duomo, 20122 Milano MI, イタリア
【電話】+39 02 7202 2656
【営業時間】
月~日:8:00~19:00

最後の晩餐

各国の美術館で見ることのできる「最後の晩餐」。本物はミラノのサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会にあり、レオナルド・ダ・ヴィンチが実際に壁に描いたものです。当時は食堂だった部屋に描いてあり、800円で入場することができます。ドゥオーモと並んでミラノの2大観光スポットとなっており、周辺諸国からは「最後の晩餐」を見るためだけにイタリアに来る方も大勢います。

【名前】最後の晩餐
【住所】Piazza di Santa Maria delle Grazie, 20123 Milano MI, イタリア
【電話】+39 02 467 6111
【営業時間】
火~日:8:15~19:00
【定休日】

さいごに

ミラノは街全体のデザインが優れているだけでなく、歴史を大事にしているため見て触って歴史を知ることができます。リゾート地とはまた違った風景はインスタグラムで目立つことでしょう。
紹介したスポットの中には時間が変更になったり、チケットの取り方が複雑だったりするため、詳しくは公式ホームページを見たり旅行代理店で聞いてみるといいでしょう。