【colorful – マーケティング】時代はGoogleよりもインスタグラム?

今回はインスタグラムについて深掘りして説明していきます。「最近ではどういう風にインスタグラムをみんなは使っているのか」というのを把握するためにこれからお伝えします。

例えば物とか場所の検索というのは今までホットペッパーやGoogleなどで「渋谷 カフェ」「渋谷 レストラン」などと検索してオシャレなレストランとかカフェを探していたというようなものだったと思います。

「Google検索では文字が並ぶし面倒臭い」、「ホットペッパーではヤラセコメントが多い」ということでこれらの検索方法はあまり使われなくなってきているんです。

実は割合で言うとSNS上での情報、場所、ものの検索はGoogleで検索する人よりも増えてきているんです。

インスタグラムで検索する。

例えばインスタグラムの画面を開いて、画面下にある虫眼鏡のマークをタップして上の検索バーに「#渋谷カフェ」と入力します。そうすると渋谷カフェというインデックスが27万投件以上の投稿があります。

「渋谷カフェ」をタップするとここに今まで渋谷のカフェ行った人の投稿がズラーっと並んで表示されます。この「渋谷カフェ」をGoogleで検索すると文字で並びますが、インスタグラムでは画像が並びます。

どちらの方が見やすいかというと、確かに直感的に見ると画像で見た方が見やすいと思います。


ここでオシャレなカフェをタップしてみます。そうすると、このカフェのですね情報が出てきて、口コミが書いてあります。


「そしたらどこにあるんだろう」と気になったらカフェの名前をタップしてみましょう。今度はこのMUUN seoulに行った人たちの投稿がズラーっと並んで表示されます。

今までホットペッパーなどではヤラセコメントがあるなんていうことを聞いたこともありますが、この投稿一つ一つは実際に人が行った投稿で、「どういう人がいってるんだろう」とか「どんなメニューがあるんだろう」という情報がズラーっと並んでいます。

そしたら、このカフェってすごい良さそうだと思いマップをタップするとですねそのままマップが開いてこのカフェまで連れてってくれます。

このようにハッシュタグ検索というのがすごく主流の検索になってきている時代になりました。

インスタグラムのショッピング機能


今年になってに出てきた情報なんですが、ショッピング機能というものがリリースされました。

例えば、今まで「この人が履いてる靴がオシャレだなーっ」て思ってもどんな靴かわからなかったので買うことはできませんでした。でも、このままこの靴をタップするとこの靴の情報が出てきて、そのまま靴がインスタグラム上で買えるという4ステップでインスタグラム上で物買えるという機能がリリースされました。

このようにSNS自体がAmazon化してるというのがインスタグラムの流れです。

席を予約するボタンの追加


飲食店、エステサロンと、美容室などの店舗のアカウントにすごくいい機能が追加れました。例えば、今まではインスタグラムには美容院や飲食店はプロフィール欄ににホットペッパーや食べログのURLを載せていました。そこから誘導してホットペッパーにいくと競合と並んで表示されるので競合との価格勝負になるみたいな話になってしまいます。


でも、今年予約機能がリリースしたことによって今までプロフィールにメール、電話、道順っていうボタンはあったのですが、一個追加されて「予約する」というボタンが出ました。この予約するというボタンを押すと、このままぐるなびの予約ページに飛び、予約することが可能になりました。

インスタグラムが必要不可欠な存在へと


インスタグラムは他のSNSと同様に、友達の近況が知りたいコミュニケーションが取れるっていうのもあるんですが、すでにインスタグラムはSNSじゃなくなろうとしています。

それは例えば、お店の予約ができたりとか、オシャレのお店とか流行りのものの検索に使えたり、それを口コミを見て情報確認できるとか、ものの購入ができる。インスタグラムって「ただの流行じゃないの?」って言っている人もいますが、これには全然違います。その理由は二つあります。

一つ目は、今の世の中の人々っていうのは新しいものが出ることに飽きていることです。例えば、スナップチャットって一時期流行りそうになりましたね。でも、スナップチャットが出た数ヶ月後にインスタグラムがそのまんまストーリー機能をつけてマルパクリしました。

それによってインスタグラムユーザーがスナップチャットに流れるというよりは、インスタグラムが進化してスナップチャットのような機能をつけてそのまま5億人ぐらいユーザーがそのスナップチャット同様の機能を使う。

こういうように他のアプリに遷移するんじゃなくて、アプリがどんどん変化してきているという流れになりました。

2つ目の理由に、今インスタグラムっていうのはSNSではもうすでにないっていう見方ができるからです。例えばこの店の予約ができたりっていうのはホットペッパーですし、ものが購入できるっていうのはAmazonですし、こういう風にインスタグラムは人々のライフスタイルに入り込むアプリになってきています。

ホットペッパーに飽きが来るかっていうと来ないですし、ものの購入、アマゾンに飽きが来るかってみんな来ないですよね。これと同様で、今後もこのインスタグラムの中心、いろんな生活のライフスタイルが混ざってくると言った時代が来るのではないかと言われています。

最後に


先ほど言ったように今このインスタグラムでしっかりと集客の基盤というものを作らないと今後は誰からも知られない時代になってきますという話に繋がります。

今このインスタグラムが全盛期の時代で尚且つ今後も利用されるツールであり続けると予測されている今しっかりとアカウントを運用しないことは損する時代へと突入するでしょう。