インスタグラムの利用制限・凍結を回避しよう!インスタ代行でできる対策とは?

インスタグラムの利用制限・凍結を回避しよう!インスタ代行でできる対策とは?

インスタグラムでアカウント運用をしていたある日、突然アカウントの「利用制限」がかけられてしまった…。

特に問題になるようなことをしていないにも関わらず、アカウントが使えなくなった、特定のアクションができなくなった、凍結したなど、トラブルが起こってしまう可能性があります。

インスタグラムのアカウント運用を行う上で必ず知っておきたい情報として、なぜインスタグラムの利用制限やアカウント凍結が起こってしまうのか、その回避方法・対策について詳しくご紹介します。

インスタグラムのルール違反措置は3種類

インスタグラムでは、何らかのルール違反が行われた場合、該当アカウントに対してさまざまな措置が取られることになっています。

  • 1.アクションブロック(一時停止)
  • 2.アカウント停止(凍結)
  • 3.アカウント削除

多くの場合、段階的に上記のような措置がとられ、悪質だったり何度もルール違反を繰り返したりしているうちに、最終的にアカウント削除されるという流れです。

1.アクションブロック

アクションブロックとは、いいねやフォローをするなどの「アクション」がブロックされてしまう、つまりこれらの機能が使えなくなってしまう措置をいいます。

インスタグラムでは、いいねやフォローを一定時間内に一定回数以上行うと迷惑行為であり利用規約違反だとみなされ、一時的にこれらのアクションができなくなるアクションブロック(機能の一時停止)が行われます。

あくまでアクションができない状態なので、インスタグラム自体を利用できない、投稿が閲覧できないというわけではありません。

他のユーザーの投稿を見ることはできますが、いいねや新たなフォローが一時的にできない状態になっており、ブロックが解除されるまで一定時間待つ必要があります。

アクションブロックは約24時間待てば自動的に解除されることがほとんどですが、まれにそれ以上の時間にならないと解除されない場合や、繰り返しアクションブロックを経験している方の中にはそのままアカウント停止措置がとられる場合もみられます

2.アカウント停止

アカウント停止画像

インスタグラムにログインをしようとするとエラーになり、その後「アカウントが停止されました」という内容が表示されます。

そのアカウントがまったく使えない、いわゆる「凍結」の状態です。

アカウント停止になる理由は、アクションブロックと同様にインスタグラムの「利用規約違反」で、過去にアクションブロックを経験している方や、アカウントを作ってまだあまり時間が経っていない方など、インスタグラムでチェックされやすい人が対象になることが多いようです。

しばらく待てば復活するアクションブロックとは違い、アカウント停止はそのままにしていても停止が解除されません。

詳しい方法については後述しますが、表示されたメッセージにある「異議申し立て」より、アカウント停止を解除するよう求めることができます。

異議申し立てができる期間は限られており、さらに申し立てをしても100%アカウントが復活するわけではないことを知っておきましょう。

3.アカウント削除

さらに繰り返し規約違反をするなど悪質なアカウントだと判断された場合、アカウントが完全に削除されることがあります。

この場合、凍結とは違って異議申し立てもできないため、投稿していたデータなどを取り戻すことはできません。

複数のアカウントを切り替えて使っていた場合も、芋づる式にすべてが凍結されてしまうおそれもあるため、気を付けなくてはなりません。

インスタ集客をするならルールを守ること!

インスタ集客をするならルールを守ること!

インスタグラムで集客をしたり、アカウント運用を行うならインスタグラムの利用規約を守ること、これは絶対的なルールです。

インスタグラムをはじめとするSNSでは、特定の投稿が人気・話題になる、いわゆる「バズる」状態になれば注目度が上がり、一時的にフォロワーが爆増したり、売り上げがアップしたりする可能性はあります。

しかし、集客を考えると突発的に注目されるのではなく、継続的に人気を得ることが大切です。

だからこそ、利用制限や凍結になるような行動はせず、インスタグラムの利用規約をしっかり守って運用をしなくてはなりません。

インスタグラムは個人だけでなく、企業や有名人など幅広いアカウントが次々に登場しており、こうしてマーケティングにも利用されるようになった今、さらなるルールが追加される可能性もあります。

今後新たな利用規約が追加されれば、それだけインスタグラムを使いづらくなってしまう可能性も考えられるでしょう。

「郷に入っては郷に従え」ということわざがあるように、インスタグラムで集客をするなら、インスタグラムのルールをきちんと守らなくてはなりません。

インスタの利用制限や凍結を避けるために気を付けること

インスタの利用制限や凍結を避けるために気を付けること

インスタグラムで利用制限や凍結してしまう理由はルール違反。つまり、利用規約違反をしたり、他のユーザーから違反報告を多く受けるような行為をしないことが鉄則です。

  • ・いいねを一気にし過ぎない
  • ・フォローを一気にし過ぎない
  • ・フォロー解除を一気にし過ぎない
  • ・アカウント売買をしない
  • ・その他、中傷やアダルトなど利用規約違反になることはしない

上記のポイントに気を付けて運用をしなくてはなりません。

多くの場合、自身で気を付けて運用をすれば規約違反になることはありませんが、フォロワーを増やしたいと考えている際、いいねの数やフォローした数に制限があるのはやりづらさを感じることがあります。

手動いいねは把握しづらく非効率  

手動いいねは把握しづらく非効率  

自分でいいねをする相手を探し、投稿にひとつずついいねをしていく方法は、よりアピールしたい相手・自分と関連性の強い相手に直接関わりを持つことができますが、そのぶん時間がかかるため非効率と言えます。

また、インスタグラムの利用規約違反にあたる「いいねの件数」について、今どれくらいのペースでいいねをしたか、何件くらいいいねをしたかが把握しづらいというデメリットも。

インスタグラムで制限がかかるいいねの回数は変動していること、利用規約にも明確な回数は記載されていません。1日あたり500~800回程度と言われていますが、フォロワー獲得のために手動いいねをしていると、いつの間にか制限回数に到達してしまうことがあります。

まったく関係のないアカウントへのいいねを繰り返したり、いいねをしたユーザーが不審だ、迷惑だと感じた場合にはスパムとみなされ、インスタ運営に違反報告がなされる恐れもあるでしょう。

つまり、手動いいねを続けるのは非効率であること、さらに利用制限や凍結になるリスクが高いことから、インスタ運用をする方にはおすすめできません。

長期的なフォロワー獲得を目指すのであれば、いいね・フォローの数を気にせずに運用できる「インスタ自動化ツール」の導入がおすすめです。

フォロワー購入は絶対NG

フォロワー購入は絶対NG

インスタグラムの利用規約違反に当てはまるのがアカウント売買、いわゆるフォロワー購入です。

インスタグラムマーケティングでは、フォロワーの数が多いほど影響力も強いと認識されていることから、フォロワー数を増やすためにアカウントを売買する人もいます。

費用はかかりますが、お金さえ出せば一気にフォロワー数を増やすことができるため、人気のあるアカウント・影響力の強いアカウントを演出できます。

しかし、アカウント売買はフォロワー数が変動するだけで実質的に影響力が増えたわけではありませんし、そもそも利用規約違反です。

購入したフォロワーのほとんどはすでにアカウントが動いていない幽霊アカウントだったり、いわゆる捨てアカウントであったりするため、何かをPRしても成果につながらず、結局インフルエンサーとして活動することは難しくなります。

フォロワー数に対していいねの数が非常に少なかったり、投稿に対してリアクションがなかったりするため、インスタグラム運営からフォロワーを水増ししたことが疑われ、利用規約違反とみなされるでしょう。

リスクが非常に高く、さらに費用を無駄にしてしまうため、フォロワー購入は絶対にやめましょう。

もし利用制限や凍結されてしまったら?

もし利用制限や凍結されてしまったら?

アカウントの利用制限や凍結は、事前に通知などが来ることはなく、ある日突然ログイン画面にその旨が表示されます。

万が一利用制限もしくは凍結されてしまった場合、どのように対処すれば良いかを見てみましょう。

利用制限の解除方法

利用制限(アクションブロック)がかかった状態になった場合、しばらくの間そのままにしておきましょう。

利用制限は一時的なもののため、こちらから何かをしないと解除されないということはありません。

制限がかけられている間も、他のユーザーの投稿閲覧はできますが、自分は投稿したり新たないいね・フォローをすることはできないため、注意しましょう。

通常は制限がかけられてから24時間(1日)ほどで制限が解除されますが、利用制限中に新たなアクションをしようとすると制限時間が長くなるというユーザーも見られます。

そのため、利用制限中はできるだけおとなしくしておくこと、これ以上インスタグラム運営の監視の目にひっかからないように努めるほかありません。

凍結の解除方法

凍結の解除方法

アカウント凍結の場合、利用制限(アクションブロック)とは異なり、こちらから解除のための手続きをしない限りアカウントが復活することはありません。

凍結された理由にまったく心当たりがない場合は、凍結が表示された画面から「異議申し立て」ができますが、凍結されてから14日以内に手続きを行わないといけません。

【凍結の解除方法はこちら】

  1. インスタグラムヘルプセンターへアクセス
  2. 専用の申し立てフォームから必要事項を記入
  3. 届いたメールに記載されたIDと名前、ユーザーネームを書いた紙を持って、一緒に写真に写ったものを送付

さらに、個人ではなくビジネスアカウントの場合は事業内容を証明するための公的文書の写しも必要です。

 【提出する公的文書の例 】

  • ・事業免許
  • ・確定申告書の写し
  • ・請求書
  • ・会社設立契約書
  • ・会社定款
  • ・公共料金領収書
  • ・ドメイン名の登録証明など

大がかりでとても面倒な手続きであることがわかりますが、この手続きをしても100%アカウントが復活するわけではありません。

また、手続き後、アカウントが復活するまでは早くても1週間ほどかかると言われており、これには個人差があるためひたすら待つしかありません。

万が一アカウントが復活できない場合、これまでに投稿してきた内容も見られなくなってしまう可能性があるため、投稿内容をバックアップしておいた方が良いこともあります。

利用制限・凍結対策には「自動化ツール」の導入を

おすすめの自動化ツールは「インスタ代行.com」3

利用制限は一時的とはいえ、解除までに時間がかかること、インスタグラム運営に目を付けられてしまったことになるためやっかいです。

アカウント凍結は煩雑な手続きを行わなくてはなりませんし、手続きをすれば必ずアカウントが復活するわけではないため、インスタグラム運用を考えている方は絶対に避けておきたいでしょう。

そのためにも、利用制限・凍結対策として「インスタ自動化ツール」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

インスタ自動化ツールとは、人工知能ロボットがいいねやフォローを自動で行ってくれるツールで、個人・企業問わずフォロワー獲得のために利用者が続々と増えています。

こちらの記事で、人気のインスタ自動化ツール3つを詳しくご紹介しています!

https://colorful-instagram.com/daikohikaku

おすすめの自動化ツールは「インスタ代行.com」

おすすめの自動化ツールは「インスタ代行.com」

インスタグラムの自動化ツールの中でも、幅広い機能と使いやすさで評判なのが「インスタ代行.com(https://instadaiko.com/」です。

インスタ代行.comは、東京に拠点を構える株式会社PlayConnectが運営する自動化ツール。

2020年に登場したばかりの新鋭自動化ツールですが、「少しでも楽に価値を届けられるように」と設計されており、インスタグラマーから使いやすいと評判になっています。

おすすめの自動化ツールは「インスタ代行.com」②

いいねやフォローを行うベースになるハッシュタグを設定し、あとは人工知能ロボットを起動させるだけ。

運用結果や進捗についてメールレポートがあったり、困ったことが発生したらいつでもチャットでの顧客サポートを受けられたりするなど、まさにかゆいところに手が届く自動化ツールと言えるでしょう。

すでに他のインスタ自動化ツールを使っているという方も、5日間の無料試用期間があるため、まずは試してみてはいかがでしょうか。

ツールは有効活用しなければ意味がない

インスタ代行.comのような自動化ツールを利用すると、効率良くフォロワー獲得のアクションを起こすことができます。

しかし、インスタ自動化ツールを使ったからといってそのまま他に何もしなければ、何の意味もありません。

そもそもインスタグラムは、日常に起こる魅力的な投稿を人に見てもらうことや、有益なコンテンツとして誰かに提供し、共感を呼ぶことで人気を得るSNSです。

いくらインスタ自動化ツールを使っていいねやフォローのアクションを起こしても、他のユーザーが自分のプロフィールや投稿を見てまったく魅力的だと感じてもらえなかったら、フォロワーは増えないでしょう。

いいね返しやフォローバックで得られるフォロワーの数には限りがあり、主体となるのはあくまで自分の投稿内容です。

自動化ツールを使ってフォロワー獲得のための手間を省いたら、自分は投稿内容を充実させるなど、しっかり有効活用していきましょう。

インスタ運用をするなら利用制限や凍結を避けるのは絶対条件!

個人でも企業でも、インスタグラムを利用したマーケティングを成功させたいなら、アカウントを地道に「育てる」気持ちで取り組むことが大切です。

これまで個人が日記をつけるように趣味感覚で行っていたインスタグラムとは異なり、インフルエンサーマーケティングやビジネスにおける企業のSNSマーケティングの場としても使われるようになったことから、今後もルールがさらに厳しく改訂される可能性があります。

その際にアカウントが利用制限や凍結になってしまったら、解除されるまでに時間がかかったり、手続きがとても面倒だったりするため、そもそも制限がかけられないように気を付けなくてはなりません。

インスタグラムで人気を得るためには、投稿内容はもちろんのこと、自分から積極的にアカウントをアピールすることも大切です。

そのためにもインスタ代行.comなどのインスタ自動化ツールを導入し、賢くインスタグラム運用をしていきましょう!