インスタグラムのマーケティング、何ができてどんな効果が得られるの?

インスタグラムのマーケティング、何ができてどんな効果が得られるの?

今やインスタグラムは「マーケティング戦争」とも呼べるほど、さまざまな企業・インフルエンサーによって火花が散る場となっています。

それほどまでに大きな収益を上げられる人も多くなり、注目されているということです。

では、インスタグラムを使ったマーケティングと言っても、具体的にどのようなことができて、どのような効果が期待できるのかをご存知でしょうか?

「インスタで稼ぐ」「インスタグラマー」「インフルエンサーマーケティング」という言葉をあちこちで耳にしますが、実際のところインスタグラムを使うことでどのようなマーケティングを展開できるのでしょうか。

今回は、インスタグラムを使ったマーケティングで得られる効果と、他のSNSとの違い、より効果が期待できるインスタグラムでのプロモーション方法について詳しくご紹介します!

インスタを使った集客、どんな効果があるの?

インスタグラムの画像

集客といえば、広告を出したり自社サイトを作って検索されやすいようにSEO対策をしたり、ビラ配りやポスティングをするなどの方法をイメージするでしょう。

一口に「集客」とは言っても、アカウント運用をする人にとってのゴールはそれぞれ違うもの。

単純にフォロワーを増やしたいのか、自身の商品やブランド・名前を知ってもらいたいのか、商品やサービスを購入してほしいのか、自分のサイトに来てほしいのかなど、目的に応じた集客をする必要があります。

人々の交流ツールでもあるインスタグラムを使った集客は、企業や知名度アップを狙う人にとってどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか?

①認知度を高められる

何と言っても、自分のアカウントはもちろんブランド・商品・サービスなどの認知度を高められる点が大きな効果と言えます。

インスタグラムはスマホやパソコン、タブレットがあれば誰でも投稿を見ることができる便利なツールです。

日本国内はもちろん、世界中に情報発信することも可能です。

そのため、アピールをしたい商品やサービスがあれば積極的に宣伝し、認知度を着実に高められる効果があります。

インスタグラムは日本国内だけでも3,300万人が利用していることからもユーザー数が多く、幅広い年齢層のユーザーにリーチできると言えます。(2019年6月7日時点)

Instagramの国内月間アクティブアカウント数が3300万を突破

 

参照:Facebook(https://about.fb.com/ja/news/2019/06/japan_maaupdate-2/

そのため、日常的にインスタグラムを使っているユーザーは非常に多く、さまざまな人に向けて認知してもらう可能性があると言えるでしょう。

②インフルエンサーになれる

②インフルエンサーになれる<

インスタグラムで活動をしている人、収益を上げている人などを指して「インスタグラマー」と呼び、その中でもフォロワー数が多かったり拡散力などの影響力が高い人を「インフルエンサー」と言います。

Twitterやブログ、その他SNSでもインフルエンサーは多く存在しますが、特にインスタグラムをフィールドにして活動している人は多く、雑誌やテレビなどのメディアに出演する人、商品PRを依頼されたり収益を上げる人など、幅広い活躍を見せています。

インスタグラムで集客をするとフォロワーが増え、こうしたインフルエンサーとしての活動ができる可能性が高まるでしょう。

中にはインスタグラムで得られる収益のみで生活をしている人もいるため、インフルエンサーに憧れてインスタグラム運用を始める人も少なくありません。

③コンバージョンアップ

コンバージョンとは、マーケティング(集客)における最終的な成果のことを指し、つまり商品販売やサービス利用のことをいいます。

インスタグラムで集客してフォロワーを獲得し、自分のサイトや商品販売ページに誘導できれば、最終的に商品購入やサービス利用につながる可能性がぐっと高くなります。

自身でブランドを立ち上げたり、ブログを読んでもらいたいと思っていたり、他サイトで何らかのサービスを提供していたりする場合、コンバージョンにつなげることが最終的な目標と言えます。

インスタグラムを運用することは、商品やサービスに関する投稿をしてさまざまなユーザーに知ってもらったり、自社サイトを検索してもらうのではなく、こちらからユーザーに直接アピールをしたりできるのが大きなメリットです。

インスタグラムと他のSNSとの違いとは?

手描きの矢印記号を他の方向と反対方向に描く

インスタグラムを利用して集客を行うユーザーが増えていますが、世の中にはインスタグラム以外のSNSもたくさん存在しています。

たとえば、Twitter(ツイッター)やFacebook(フェイスブック)、[email protected](ラインアット)などがあり、個人はもちろん多くの企業も自社の公式アカウントを作ってPRを行っています。

インスタグラムと他のSNSにはさまざまな違いがあり、中にはインスタグラムより他のSNSの方が使いやすいという声もあるかもしれません。

ですが、SNS集客にはSNS毎に特徴があります。インスタグラムも同様に「メリット・デメリット」を正確に把握することでマーケティング効果を得ることができます。

【インスタグラムの特徴】

  • ・140文字の制限があるTwitterに比べ多くの文章を書き込める
  • ・投稿には画像が必要なため視覚的に強く訴えられる
  • ・TwitterやFacebookに比べて拡散力が小さい

では、それぞれの特徴について詳しく見てみましょう。

①多くの文章を書ける&視覚で訴えられる

まず、インスタグラムは他のSNSと違い、投稿には写真(画像)が必要になります。

日常の写真やインスタ用に撮影した写真はもちろんですが、中には簡単な画像加工アプリで文字のみの画像を投稿する人も多く見られます。

文章が並ぶTwitterやFacebookと異なり、インスタグラムは視覚で内容を一気に伝えられること、文章力に自信がなくても良いこと、特別な写真が撮れなくても工夫をすれば統一感を出せることなどが特徴です。

もちろん、文章を添えて投稿することも可能です。

Twitterは1つのツイートにつき140文字の文字制限がありますが、インスタグラムの文字制限は1つにつき2200文字。かなりの文章を入れることができるため、大事なお知らせや丁寧に説明したいこともしっかりと書き込むことができます。

②拡散力と関係性の違い

②拡散力と関係性の違い

次に、インスタグラムと他のSNSの最大の違いである「拡散力」について。

Twitterはリツイートボタンがあり、自分のフォロワーにそのツイートを広く拡散することができますが、インスタグラムはその機能がありません。

他の人の投稿をシェアする「リポスト」という機能があるものの、インスタグラムに直接的に実装されているのではなく、専用のアプリを使ったり、スクリーンショットを用いて再投稿しなくてはならなかったりと、手間がかかってしまいます。

Twitterのような拡散力がないことは一見するとデメリットのように思えますが、そのぶんインスタグラムはフォロー・フォロワー関係にあるユーザー同士が濃い関係になりやすいというメリットがあります。

Twitterはリツイート機能があるため不特定多数が閲覧をするものの、そこから実際にサイトにアクセスする・商品購入などのコンバージョンにつながりにくく、言わば街中に貼ってある広告のような感覚です。

一方、インスタグラムはこちらからいいね・フォローなどのアクションをしなければ見つかりにくいものの、いったんフォロー・フォロワーの関係になると継続的に投稿を見てもらえるため、着実なファン作りが可能になります。

いったん自分のファンになってもらえれば商品購入やサービス利用、自社サイト・ブログへのアクセスにつながりやすく、

Twitterは浅く広く、インスタグラムは深く狭くというイメージです。

そしてこの特徴をもとに、より幅広いユーザーへアピールをするためにさまざまなプロモーション方法を組み合わせていくと効果的になります。

より効果が得られるプロモーション方法とは

インスタグラムの特徴を理解した上で、より効果の高いプロモーション方法について考えてみましょう。

どのような方法で、どのような内容のプロモーションを行えば効果が得られるのか、インスタグラムならではの3つの方法をご紹介します。

広告出稿

ノートパソコンとモバイル機器のオンライン広告

インスタグラムでは、ユーザーのタイムラインに広告を出すことができます。

インスタグラムのタイムラインをさかのぼると、自分がフォローしていないユーザーの投稿を見かけることがありますが、これは「フィード」という広告でインスタグラムを利用しているすべての人に表示されます。

広告は画像、動画はもちろん、24時間で消えてしまうストーリーズの形で配信することも可能です。

また、広告出稿と言うと高額な費用がかかってしまうイメージですが、インスタグラムの広告は100円から設定できるほか、広告の掲載期間や1日あたりの予算を設定しておけば、リーズナブルな料金で簡単に広告を出すことができるのが大きなメリットです。

注意点としては、インスタグラムの広告はあくまで画像・映像がメインになり、テキストが多いとパフォーマンスが下がってしまう可能性があるため、投稿画面に続くテキストはごく少なくする必要があります。

どこの地域に向けたものか、年齢層や性別などを考えて設定すれば、比較的少ない予算でも適切な広告を出すことができますし、外部でも拡散されやすいキャンペーンを広告として出せば成果が得られやすくなるでしょう。

ハッシュタグの活用

ハッシュタグの標識。数字記号、ハッシュ、またはシャープ記号。白い背景に手描きのシンボル。ベクターイラスト

インターネットを使って何かを調べることの代名詞として「ググる(Googleで調べる)」という言葉がありますが、SNSが浸透した今では「タグる」という言葉が広まりつつあります。

これは、インスタグラムなどのSNS上で見かける「ハッシュタグ」をもとに調べることを指し、ハッシュタグ検索から商品情報や旅行先の現地情報など、さまざまなことを調べることが可能です。

特にインスタグラムは、ハッシュタグをたどると多くの写真がずらりと表示され、文章を読むよりも一目ですぐに情報を取得できるというメリットがあります。

さらに、写真に地図や位置情報をリンクさせて投稿することもできるため、わざわざマップのアプリを開く手間もありません。

そして、これらの写真や情報はすべて店側・サービス提供側が発信しているものではなく、実際に利用したユーザー自身による投稿です。

お店の公式サイトでは、いかに商品をきれいに・魅力的に見せるかに重きを置いているため、いざユーザーが利用したときに「実物と違う」というギャップが生まれる可能性があります。

また、公式サイトに掲載されていないお店の情報も多く、写真がないためイメージしづらいと敬遠されることもあるでしょう。

しかし、インスタグラムであれば写真付きでユーザーのリアルな感想を見ることができるため、ハッシュタグをたどってその情報を調べることは、内容の濃い口コミを調べると言っても過言ではありません。

ハッシュタグは複数つけて投稿することができるため、関連性の高いタグや類似のタグ、英語や韓国語・中国語のタグなどを駆使すると、日本国内外のユーザーに向けてリーチできるでしょう。

特に観光客向けのサービスである場合は英語など外国語のハッシュタグを活用し、直接お店に来られなくても「行ってみたい」と思わせる、ファン作りができるような投稿をするのがおすすめです。

インスタ自動化ツール

インスタグラムのアカウント運用をする際、多くの方に利用されているのが「インスタ自動化ツール」です。

インスタ自動化ツールは、フォロワー獲得のためにさまざまなアクションを自動的に行ってくれるツールのことをいいます。

  • ・自動いいね
  • ・自動フォロー
  • ・自動フォロー解除
  • ・自動コメント投稿
  • ・データ解析

利用するインスタ自動化ツールによって、利用できる機能は異なります。

基本的には「自動いいね」「自動フォロー」「自動フォロー解除」の3つを利用でき、さらにフォロワー獲得に便利な機能が充実したものも多く存在しています。

広告出稿もリーズナブルな料金で利用できますが、その一方で設定に手間暇が必要です。

どの層にリーチさせるか、ターゲットを狭くして確実にアピールしたいのか、認知度を高めるために層を特定せず広くアピールしたいのかなど、費用や広告設定を細かく行わなくてはなりません。

また、不特定多数に広く知ってもらいたいという場合、それだけ多くの広告を流す必要があるため、1日あたりに必要とされる費用が大きくかさんでしまう可能性があります。

対するインスタ自動化ツールは、ハッシュタグを用いてターゲティングする仕組みです。

設定したハッシュタグをもとにユーザーの投稿にいいねをしたり、ユーザーをフォローしたりするため、こちらから関連性の強い適切なユーザーにアピールすることができます。

インスタ自動化ツールは多くの場合、費用は月あたり数千円のため、運用がコンバージョンにつながれば、小さなコストで大きな利益が得られるようになります。

効率良くインスタ運用するなら「インスタ代行.com」がおすすめ

インスタ代行の画像

インスタ代行.comは、2020年新たに登場したインスタ自動化ツールのひとつ。

さまざまな機能を利用でき、利用料金もリーズナブルで使いやすいと評判になっています。

インスタ代行.com(https://instadaiko.com/)

インスタ自動化ツールの中には、無料で利用できるものや、月あたり1,000円程度で利用できる格安のツールも多く存在しています。

しかし、これらのツールは不安な点が多く、特に法人アカウントが利用するのは情報漏洩やサポートがないなど、さまざまなリスクが考えられるためおすすめできません。

月数十万円かかる高性能なインスタ自動化ツールもありますが、使いこなせなければ意味がありませんし、多額の広告費はできるだけかけたくないもの。

インスタ代行.comは月あたり7,980円、1日あたり266円で利用でき、さらにお得な120日間プランを利用すると、3ヵ月分の料金で4ヵ月利用することができます。(1日あたり198円)

コツコツ、着実にフォロワーを増やしていくためにも、こうした便利なツールを積極的に導入し、投稿・アピールを続けると良いでしょう。

インスタグラムでマーケティングを行う場合、何を目標にしているのかをまず明確にし、実現するためにどのようなことに取り組めば良いのかを計画して行動しましょう。

ハッシュタグの活用、広告出稿の検討、そしてインスタ自動化ツール。

その他にも投稿を魅力的にするよう努めるなど、基本的な部分も見直しながら運用をしてみてはいかがでしょうか。