元乃木坂46生駒里奈をインスタグラムで紹介


元乃木坂46として活躍しアイドル界を引っ張ってきた生駒里奈さん。今では数々のバラエティー番組に出演しており、女性タレントとしても確立してきていますよね。

今回はそんな生駒里奈さんをインスタグラムを通して紹介していきたいと思います。それでは簡単なプロフィールからどうぞ!

生駒里奈とは?

生年月日:1995年12月29日(現在23歳)
出身地:秋田県由利本荘市
身長:153cm
血液型:AB型
デビュー:2011年
愛称:いこまちゃん、いこたん

生駒里奈さんの人物像

生駒里奈さんの愛称は、いこまちゃん、いこたん。弟さんがいるそうですね。アイドルになる前は、子ども好きであることから保育士や幼稚園の先生になりたかったそうです。伊藤寧々さんは高校の同級生。足立梨花さん、喜多陽子さん、前田希美は友達なんだとか。

生駒里奈さんの趣味嗜好

好きな食べ物は白米、キュウリの浅漬け、きなこ棒。好きなつまみはkiriのクリームチーズなんだとか。好きな動物はチンアナゴ。好きな花はかすみ草。好きな曲はピコの「二息歩行」「孤独の果て」であって、その他にボーカロイド、ロックなどを聴くそうですね。

憧れの女性アーティストはハナエ、ハナエの存在は「神様はじめました」のアニメから知ったそうです。筋金入りのアニメ好きですよね。

生駒里奈さんの趣味は漫画、アニメ観賞、買い物などなど。漫画は中学1年生の時に友人から「銀魂」の漫画を勧められて好きになったみたいですね。

その頃は「週刊少年ジャンプ」を購読できるほどのお小遣いがなかったため、お正月のお年玉を使って単行本を読んでいたとのこと。

生駒里奈さんはなんと!1,000冊以上の漫画本を持っているそうです。 生駒里奈さんによれば「NARUTO -ナルト」は人生のバイブルであり、ジャンプ作品の優れた点は漫画の登場人物が仲間になることによって、世界はひとりではないということを思わせてくれる点にあるとの事。

生駒里奈さんの推薦する「週刊少年ジャンプ」の漫画は「銀魂」「磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜」「ブラッククローバー」で、お気に入りの漫画は「NARUTO -ナルト」「ONE PIECE」「SKET DANCE」「青の祓魔師」「銀魂」「妖狐×僕SS」などの少年漫画であるそうですよ。

その他、「NO.6」「デュラララ!!」「B.A.D.」「進撃の巨人」「鬼灯の冷徹」などの漫画、ウェルザード・村瀬克俊さんの「カラダ探し」、和夏弘雨さんの「火葬場のない町に鐘が鳴る時」、山口譲司さんの「江戸川乱歩異人館」なども好むそうですね。

生駒里奈さんのお気に入りのキャラクターは「ONE PIECE」のゾロ、「NARUTO -ナルト」のナルト、「黒執事」のセバスチャン、「艶漢」の詩郎なのだとか。好きな二次元の男性は「Free!」の橘真琴。ですが、小説も読むみたいです。「特捜警察ジャンポリス」に出演している時は素の自分なんだそうです。

買い物では原宿系の洋服を好んで買っている。原宿でおすすめの場所は、原宿竹下通りにあるたこ焼き屋『Koi-Taco』。生田絵梨花さんによれば、生駒さんは原宿に詳しいそうです。

乃木坂46時代

乃木坂46のダンス七福神で、乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」からセンターだったため、ダンスパフォーマンスの指揮を担っていたそうですね。

生駒里奈さんによれば、乃木坂46の振付はLICOさんやWARNERさんよりも南流石さんの方が難しくて、AKB48のチームBのメンバーが「おいでシャンプー」や「制服のマネキン」を踊った時、苦戦するメンバーが多かったと報告しているそうです。

乃木坂46のダンスは「フォーメーション移動が少なくて、どちらかというと落ち着いてる。かわいさを表現する時も踊りよりも表情やしぐさで見せることのほうが多い」「アイドルダンスでもない」と述べているそうです。

生駒里奈さんは乃木坂46では少年役を演じることがあって、センター交代後はスーパーサブ的な役割を目指して動いていたのだそうです。乃木坂46の福神は七福神が八福神になった時点であまり意味がなくなったと考えていたそうです。

理想のセンター像はグループで一番かわいくて、スタイルが良くて、歌もダンスもうまくて、人気のある人なんだとか。

乃木坂46で好きな振付は「バレッタ」。好きなミュージック・ビデオは「シャキイズム」、「シークレットグラフィティー」、「魚たちのLOVE SONG」。

乃木坂46で写真集を見てみたいメンバーは寺田蘭世さん、樋口日奈さん。推したいメンバーは西野七瀬さん。元メンバーで日本テレビアナウンサーの市來玲奈さんと仲が良いみたいですね。

松井玲奈さんとは、生駒里奈さんと同じアニメ好きで、オタクトークをする間柄であるそうです。松井玲奈さんが乃木坂46兼任する前に宝島社の雑誌「smart」の企画で生駒さんとともに「魔法少女まどか☆マギカ」のキャラクターのコスプレを披露したことがあるのだとか。

堀未央奈さんからは、7thシングル「バレッタ」で堀さんがセンターに抜擢された際、「私がセンターになった時も一番に受け入れてくださった先輩で心強かった」と明かしています。

堀さんはブログで「経験も知名度も人気も実力も何もない私を簡単に受け入れられるはずがないのに、生駒さんは1番に話しかけてきてくださった。心配しないで、守るからって言ってくださったこと、ずっと忘れません」と綴っていますね。

最後に

アイドルを辞めていても生駒里奈さんはバラエティー番組などで活躍していて輝いていますよね。

今後も彼女の活躍には大注目です。