Colorful Instagram

兵庫の中核都市、西宮のおすすめスポットを紹介

兵庫県西宮市と言えば、閑静な住宅街やオシャレなお店がたくさんあることで知られています。また、観光スポットもたくさんあり、インスタグラマーの中でもひそかな人気を誇っている都市でもあるのです。
今回は、西宮市でインスタ映えしそうなおすすめスポットを6ヵ所紹介します。多くのインスタグラマーが訪れる有名なスポットから穴場的スポットまであるので必見です!

阪神甲子園球場

日本人なら一度は聞いたことのある「阪神甲子園球場」。兵庫県西宮市を本拠地とする阪神タイガースのホームグラウンドであり2大高校野球全国大会の会場でもあります。
満員のスタンドはもう圧巻!特に阪神タイガースの試合で7回に飛ばすジェット風船は一度見たら忘れないでしょう。
野球の試合がある日かイベントを行う日しか入場できないので、事前に公式カレンダーをチェックしておきましょう。ナイターの時はレフトポール付近がおすすめです。天気が良ければ、沈む夕日を目の前で見ることができるのです。

【名前】阪神甲子園球場
【住所】兵庫県西宮市甲子園町1−82
【電話】0798-47-1041
【営業時間】
不定期

夙川公園

次に紹介するのが兵庫県を代表するお花見スポットでもある「夙川公園」です。観音山から西宮を縦断するように流れている川沿いにある公園で、堤防に沿って桜の木が植えられています。
桜が咲くと一面ピンク色に染まり、夜はライトに照らされた桜を楽しめます。桜が散ると一面緑色に染まり、春とは違う顔を見せてくれる公園です。
川の上には香櫨園駅と夙川駅があり、どちらの駅から出てもすぐ目の前なので、簡単にアクセスすることができます。

【名前】夙川公園
【住所】兵庫県西宮市松下町
【電話】0798-35-3622
【営業時間】
月~日:00:00~24:00

西宮神社

全国約3,500社存在するえびす神社の総本山「西宮神社」。全国的に有名なので兵庫県内からだけでなく、多くの観光客が毎年訪れています。
インスタグラマーも多く訪れており、神社を囲むように植えられている松の木と一緒に撮った写真は迫力があり、タイムラインでは一際目を引くこと間違いなし!
毎年3月上旬には阪神タイガースの選手や関係者が必勝祈願を行っているので、運が良ければ選手たちと遭遇できるかも!

【名前】西宮神社
【住所】兵庫県西宮市社家町1−17
【電話】0798-33-0321
【営業時間】
月~日:05:00~19:00

門戸厄神

兵庫を代表するお寺の一つであり、日本三大厄神のうちの一つでもある「門戸厄神」。毎年1月に厄除大祭が行われており、1日で数万人が訪れることでも知られています。
境内はとても美しく、春には枝垂桜を見ることができる場所があります。西宮の中でもトップクラスに人が訪れているお寺で境内が広いため、随所にインスタ映えするスポットが隠れています。
訪れる前に公式ホームページで回りたいところを決めておくとスムーズに回れるでしょう。

【名前】門戸厄神
【住所】兵庫県西宮市門戸西町2−26
【電話】0798-51-0268
【営業時間】
月~日:08:00~17:00

廣田神社

兵庫県の行きたいお寺ランキングで毎年上位に食い込む神社が「廣田神社」です。春になると境内のコバノミツバツツジが開花し、一面紫色に染まります。
コバノミツバツツジを目当てに訪れるインスタグラマーも多く、インスタグラムに多いカラフルな写真の中でも輝く存在になるでしょう!
西宮神社と同じく阪神タイガースの選手や関係者が訪れますが、こちらは3月下旬から4月上旬となっているため遭遇できる確率はやや低めです。遭遇で来たらとてもラッキーです!

【名前】廣田神社
【住所】兵庫県西宮市大社町7−7
【電話】0798-74-3489
【営業時間】
月~日:00:00~24:00

鳴尾浜臨海公園

兵庫県の東端にある「鳴尾浜臨海公園」は、目の前に広がる大阪湾を一望することができます。六甲アイランドや神戸の港町も見ることができ、24時間出入り可能なので海に浮かぶ夜のきらびやかな夜景はインスタグラマーの中で隠れスポットとして知られています。
敷地内の西宮市立スポーツ施設周辺にはサイドに華が植えられた歩道、芝生広場にはヤシの木があり、敷地内はインスタ映えするエリアばかりです。芝生広場ではピクニックもできるので、是非友達を誘って遊びに行ってみてはいかがですか?

【名前】鳴尾浜臨海公園
【住所】兵庫県西宮市鳴尾浜3丁目3−13
【電話】0798-48-9386
【営業時間】
月~日:00:00~24:00

さいごに

今回は西宮市のおすすめスポットを6ヵ所紹介しました。どのスポットも人が集まりやすく、高級住宅街が多い地域のため治安の良さも全国でトップクラスです。
神社やお寺は基本的に年中無休ですが、稀に閉鎖していることもあるため、事前に公式ホームページでチェックしておくといいでしょう。
自分だけのアングルを見つけ、マイページやタイムラインで目を引く写真を投稿してみましょう!