Colorful Instagram

自然の宝庫・北海道釧路で知っておきたい6大インスタ撮影スポット

雄大な大地と美しくも時に厳しい自然を抱える日本の北端である北海道。そんな北海道の中でも比較的気候が安定していて年間を通じて過ごしやすいと言われている道東の街が釧路市です。釧路周辺のエリアにも自然の壮大さを感じられるスポットはいくつもあり、気候の安定感から撮影スポットとしてもオススメです。今回は壮麗な北海道の魅力を写真に収めたい人の為に、釧路周辺のインスタ映えポイントを6ヶ所ご紹介します。

釧路湿原

北海道の雄大な自然を写真に収めたいのなら、釧路湿原がオススメです。総面積は1万8千ヘクタールにも及ぶこの湿原を含む周辺地域は国立公園に指定されており、展望台などの観光用設備や交通の便が整備されています。湿原を流れる釧路川はカヌーの聖地としても知られており、一般の人でもカヌー体験を通して湿原の自然や野生動物の生態を観察する事が可能です。手付かずの自然が残るキラコタン岬やコッタロ湿原は日本である事を忘れてしまいそうな幻想的とも言える原風景が広がるフォトジェニックとなっています。

【名前】釧路湿原
【住所】北海道阿寒郡鶴居村
【電話】0154-56-2345

【営業時間】
0:00~24:00

川湯温泉

川湯温泉は北海道川上郡弟子屈町一帯から湧き出る釧路エリア屈指の天然温泉です。その名の通りあふれ出る温泉の湯が街中を川となって流れており、湯けむりと温泉らしい硫黄の香りが何とも心をくすぐります。国内でも貴重な「源泉100%かけ流し宣言」を掲げる温泉街で、リウマチスや糖尿病、皮膚病に効能があるお湯として有名です。近場の硫黄山へ散策したり開けた釧路の星空を満喫したりと、お湯に浸かる以外の楽しみ方が充実しているのも魅力的と言えるでしょう。

【名前】川湯温泉
【住所】北海道川上郡弟子屈町
【電話】015-483-2670(川湯温泉観光案内所)

【営業時間】
0:00~24:00

摩周湖

摩周火山の噴火によって陥没した地形に水が溜まって出来たカルデラ湖が、北海道を代表する湖畔の一つである摩周湖です。釧路観光の名所でもあるこの湖は年間100日程は霧に覆われているという珍しい特徴を持ち、昭和歌謡のヒット曲に歌われた程の人を寄せ付けない幻想的な光景が広がります。晴れた日には日本で一番、世界でも二番目という透明度を誇るという思わず息を飲む美しい湖面がお目見えです。隣接する河川が無く年間を通じて水温が低い事からこのような美しい水質が維持されています。釧路の澄んだ空と湖面の青いコントラストは写真に収めずには居られないでしょう。

【名前】摩周湖
【住所】北海道川上郡弟子屈町
【電話】なし

【営業時間】
0:00~24:00

釧路フィッシャーマンズワーフMOO

釧路駅から歩いて10分で行ける釧路フィッシャーマンズワーフMOOでは、地元で水揚げされた新鮮な魚介類を中心に様々な物販やグルメを楽しむ事が出来ます。観光拠点として建てられた施設で北海道土産の購入場所としても人気です。太平洋へ注ぐ釧路川のほとりに位置しておりロケーションは抜群、モダンな雰囲気をまとったデザインの建物は特に夜景との相性が最高となっています。また、館内には年間を通して花や緑などの自然と触れ合う事の出来る「EGG」と呼ばれるスペースを設けるなど、単なるシーサイドランドマークに留まらない観光名所です。

【名前】釧路フィッシャーマンズワーフMOO
【住所】北海道釧路市錦町2-4
【電話】0154-23-0600

【営業時間】
10:00~22:00

幣舞橋

釧路駅からメインストリートを歩いて10分、釧路川にかかる夕日の名所である幣舞橋が見えてきます。世界各国の船乗りが見惚れて口コミで広まったという港町・釧路らしいエピソードがある橋です。海沿いの開けた立地で太陽と水平線が良く見通せる他、海面に加えて釧路湿原の水蒸気が夕焼けをより赤く・より鮮やかに染める事から北海道随一の夕焼けスポットとして知られる様になりました。夕暮れ時には地元の人や観光客で賑わい、5~10月にかけては岸壁炉端焼きの露店も出店されるので、ちょっとしたお祭り気分が味わえるのもまた面白いポイントです。

【名前】幣舞橋
【住所】北海道釧路市北大通1
【電話】0154-23-5151

【営業時間】
0:00~24:00

阿寒湖

北海道を代表する湖の1つである阿寒湖は釧路駅からバスで走る事2時間、四方を山々に囲まれた秘境とも言える地に凛と佇んでいます。摩周湖と同じく火山の噴火によって出来たカルデラ湖で、湖内に4つの小島を抱える大きさを誇っています。日本では珍しいマリモが生息する湖であり、汽船に乗って特別天然記念物に指定されているマリモを観察する事も可能です。また、周辺にはアイヌ文化を伝える施設や温泉街もあり、観光コースの一つとして山奥にも関わらず年間で多くの人が訪れています。

【名前】阿寒湖
【住所】北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉
【電話】なし

【営業時間】
0:00~24:00

さいごに

およそ想像のつかない年月をかけて作られた自然の作品から人の手が加えられた文化的な光景まで、悠然と空気が流れる北海道釧路市では全てが画になってしまいそうですね。気候が激しくないとは言え釧路は霧が多い事で有名ですし、自然物の周辺は特に足場が悪くなっている箇所も少なくありません。撮影にお出かけの場合は無理のない行動を心がけてくださいね。