Colorful Instagram

【厳選】平塚のフォトジェニックなグルメスポットまとめ

湘南・平塚といえば「海」と「七夕」のイメージが強いかもしれませんが、JR平塚駅前には大きな繁華街が広がっていて、日常的にショッピングや食事などが楽しめる街です。特にカフェやレストランは個性的なお店が多いのが平塚の特徴。インスタ映えするスタイリッシュな外観や味もビジュアルも満点の料理が楽しめます。そんな平塚でおすすめのグルメスポットをご紹介します。

ANOS COFFEE

「ANOS COFFEE」は平塚でユニークなスタイルのサービスを提供しているカフェです。場所は平塚駅西口を出てすぐ、真っ赤な看板が目印となっていてわかりやすいです。
このお店ではワンドリンクを頼むと「ピーナッツ食べ放題」のサービスがついてくるので、ちょっと小腹が空いたときに便利です。食べ終わったピーナッツの殻は床に投げ捨てるのがこちらのスタイル。そのため床は殻のじゅうたんのようになっています。
内装はコンクリートの打ちっぱなしでおしゃれな雰囲気。甘くて見た目もかわいいベバレッジも充実しており、写真映えもバッチリです。

BQバール

平塚紅谷町の「BQバール」は、安くておいしい大衆居酒屋です。大衆居酒屋、といってもヨーロッパのバルのようなおしゃれな雰囲気で、若い女性でも入りやすいお店です。平塚駅西口から徒歩3分ほどの場所にあります。
こちらのこだわりは、地元の食材を使った料理。特に魚介類は平塚漁港でその日に上がった新鮮なものを使っており、しめ鯖やなめろうといった定番の日本料理も洋風にアレンジされていてとてもユニークです。
内装も外装も「赤」が効果的に使われていて洗練された雰囲気。カラフルでおいしそうな料理も写真に撮ってインスタに上げれば、みんなの注目を集めそうです。”

 

松風SAND&BAR

「松風SAND&BAR」は、世界一高いといわれるサンドイッチタワーが平塚の名物として評判になっているお店です。その高さは30~40センチもあり、まさに圧巻。写真に撮らずにはいられないインパクトの強さで、女子会やパーティーで注文すれば大いに盛り上がりそうです。
もちろん見た目だけではなく味もおいしく、リピーターも多数とのこと。他にもローストビーフやフォアグラ、エビ&アボカドなどサンドイッチのメニューが豊富です。
場所は平塚駅南口から徒歩10分。海まで5分という近さで、海辺に映える白とブルーの外観も印象的です。

CAFE SABADO

「CAFE SABADO」は、平塚にいながらニューヨーカー気分が楽しめるお店です。ニューヨークで人気のベーグルを中心に、本格的なエスプレッソコーヒーや自家製ケーキなどのメニューを取り揃えています。
もっちりした食感がくせになるベーグルは、クリームチーズやブルーベリージャム、ハムにテリヤキとサンドイッチのメニューが豊富。サラダやドリンクがついたお得なランチセットもあります。コーヒーにはかわいいイラストが施されていて、インスタに上げれば大いにうけそうです。
アクセスは平塚駅から徒歩5分。グリーンのおしゃれな外観が目印です。

 

inside out cafe

平塚駅から徒歩15分、追分交差点から少し入ったところにこつ然と現れる、白とブルーがさわやかなハワイアンテイストのお店。それが「inside out cafe」です。
メインメニューは今話題のハワイアンパンケーキ。ふわふわの生クリームとたっぷりのフルーツをのせたそのビジュアルはまさにインスタ向けです。パンケーキはスイーツだけでなく食事系のものも揃っているので、ティータイムはもちろんランチタイムにも楽しめます。エッグベネディクトをのせたパンケーキも人気です。
内装もリゾートの雰囲気満点で、まるでハワイにいるよう。ここが平塚だということをしばし忘れてしまいそうです。

ダイニング カプリス

「ダイニング カプリス」は平塚駅北口から徒歩5分の場所にある小さなダイニングバーです。平塚駅前の繁華街からは少し離れた奥まったところにあり、うっかり見逃してしまいそうなこぢんまりとしたお店ですが、内部はウッディな内装に赤のアクセントが効いたおしゃれな作り。隠れ家的な風情が魅力です。
お米は「あきたこまち」、魚介は相模湾で獲れた新鮮なものを使用するなど、素材にこだわった料理は見た目も絵になります。肉料理やパスタも充実、女性向けのお酒も多く取り揃えています。お酒を楽しむのはもちろんしっかり食べたいというときにもうれしいお店です。

さいごに

ランチやディナー、夜のお酒と平塚には用途に合わせて楽しめるお店がたくさんあります。見た目もおしゃれなお店ばかりで、インスタ映えを狙うにもぴったりです。横浜から32~33分とアクセスが便利なのもうれしいところです。平塚駅から近いお店も多いですが、少し離れたところもあるのでアクセス方法はあらかじめ確認しておくとよいでしょう。