シンプルだけど超かわいい!インスタで流行中のハート加工の方法とアプリをご紹介!

インスタグラムで画像をハート加工するのが流行っているのを知っていますか?

ハート加工はアプリを使えば誰でも簡単にでき、インスタ映え写真をつくるのにもピッタリの方法なんです。

ハート加工の仕方をご紹介しますので、ぜひインスタ活動に役立ててみてくださいね。

こんなにたくさん!インスタでシェアされるハート加工画像

ハート加工は、バケーションやレジャーの写真でも、日常の何気ない写真でも簡単に可愛くデコレーションできるのでとっても人気です。

インスタグラムでシェアされているハートをあしらった画像をご紹介しますので、参考にしてみてください。

チョコレートの写真ならハート加工で一気にバレンタインらしく。

 

ハートの鏡にハート加工を合わせてフェミニンに。

 

コンビニの商品を撮っただけの写真でもハート加工するだけでおしゃれに。

 

お気に入りのネイルがハート加工でよりキュートに。

 

写真のカラーとハートの色を合わせるとまとまりが出て、フォトジェニックになりますね。

 

シンプルで簡単!ハート加工の方法をご紹介

「LINE Camera」を使ったハート加工

ハート加工は、写真の編集とおしゃれな加工ができるアプリ「LINE Camera」を使うと簡単にできます。こんなかわいいハートをたくさんつけることができますよ。

アプリを起動して「ギャラリー」から加工したい画像を選んでください。

画像を選んで「選択ボタン」を押したら画面下にある左右にスクロールできるメニューから右の方にある「T」アイコンをタップして、さらに「テキスト」を選択してください。

文字入力ができる画面になりますので「ハート」と入力し、予測変換で出てきた♡マークに変換すれば画像にも同じマークが出てきます。

表示されたハートマークは、指で広げて大きくしたり、指を狭めてで小さくできたりと加工も簡単です。

くるくると回して角度を変えることもできますし、ドラッグすれば位置も変えられます。

マークの輪郭や中身の色も変えられますので、こだわりのハートで画像をデコってみてください。

作ったハートマークは同じものを何個でも増やすことができます。

まず、マーク以外の場所をタップしてマークに編集の枠がついていない状態にします。

そこでマークを置きたい場所をタップすると同じマークがもう1個増えます。

これを繰り返せばつくったハートマークを画面全体にちりばめるのも簡単です。

Line Cameraなら手書き風ハート加工も簡単

Line Cameraならこんな感じの手書き風のハート加工も簡単にできちゃいます。

使い方は、まず編集画面でマークを入れるために選んだ「T」アイコンの左にある筆のアイコンをタップします。

すると、ペイントというアイコンが出ますのでこれもタップしてください。

これで画像に手書き加工ができるようになります。

線の太さや彩度、明るさなどの変更も簡単です。線の始まりと終わりで囲まれた部分を塗りつぶすなんていうユニークな機能も楽しめちゃいます。

インスタ映えするハートを書くコツは、肩ひじを張らずにサラッと書いてしまうことです。

Line Cameraには「元に戻す」機能があり、失敗したらすぐにやり直せますので遠慮なくチャレンジしていきましょう。

「PicsArt」を使った透け感ハート加工

こんな感じの透け感のあるハートを使いたいなら「Pics Art」という画像加工アプリがおすすめです。

無料版と有料版とありますが、無料版だけでも十分デコレーションを楽しむことができます。

使い方も簡単。まず、アプリを起動したら画面下の真ん中にある「+」アイコンクリックします。画像を選ぶ画面になりますので、デコレーションしたいものを選択してください。

選択画面の下にメニューがありますので、その中の「ステッカー」をタップします。すると、たくさんのイラストステッカーが表示されます。

そのまま使いたい画像を探してもいいのですが、ちょっと手間がかかりますので検索機能を使うと便利です。

たとえば「ハート(heart)」と検索すると、ハートをモチーフにしたステッカーが一覧で表示されますので、簡単にお目当てのステッカーを見つけることができるでしょう。

画像に差し込みたいステッカーが見つかったら、その画像をタップしてください。すぐに加工したい写真(画像)にステッカーが反映されます。

ステッカーは、パラメーター形式で透明度を変えられるほか、輝度や明度、彩度、コントラストなどの細かい調整も自由自在です。

もちろん、指先で簡単に大きくしたり、小さくしたり、角度を変えることもできます。

Pics Artでも手書き加工が楽しめる

Pics Artを使えば「Line Camera」と同様に手書きのハート加工も簡単にできます。

使い方は、編集画面の下にあるメニュー(さきほど「ステッカーを選択した場所」)を右にスクロールしたところにある「ペイント」をタップして、さらに出てくる項目の中から「ペイント」を選択してください。

これで画像に手書きで加工ができる状態になります。

デフォルトでは色がブラックになっていますので、右側のパレットからお好みの色を選ぶと良いでしょう。

上品な感じを出したいならホワイトがおすすめです。

ちなみに、このペイント画面から直接ステッカー画面を呼び出すこともできます。

どちらも使いたい場合はペイント画面をメインで使うと切り替える手間をかけずに済みます。