インスタグラムで『#下町』検索!情緒あふれる都内の撮影スポット

インスタグラムで話題の『#下町』ハッシュタグ。中でも東京の情緒あふれる下町に注目が集まっています。今回は『#下町』ハッシュタグで見られる東京の下町にスポットライトを当ててみました。東京の下町の良さを再発見して、実際にハッシュタグで検索してみましょう。

浅草

下町といえば「#浅草」ですよね。
有名なシンボルの「浅草寺の雷門」が頭に浮かぶと思います。色使いといい、大きな提灯といい、昭和のレトロ感を感じつつ圧巻の存在感を放っています。浅草に来たらまず寄りたいスポットです。

#浅草 #浅草寺 #asakusa #sensoji #sensojitemple #雷門 #kaminarimon #東京 #tokyo

Shiroxanさん(@shiroxan441)が投稿した写真 –


お昼間のにぎやかな「浅草寺」も撮影したいですが、おすすめは夜になるとライトアップされる浅草寺。昼の人ごみが嘘のようになくなり静かなので、まるで別世界にいるよう。別の顔を覗かせる浅草寺を撮影するのも良いのではないでしょうか。

久しぶりの #浅草 #浅草寺 #asakusa #sensoji #カコソラ #空 #快晴

natsueyさん(@natsuey)が投稿した写真 –

「仲見世通り」も下町情緒があふれていて素敵です。食べ歩きにピッタリのお店なので、好きなものをテイクアウトして背景に工夫を凝らして食べものと一緒に撮影するのも良さそう。きびだんごや揚げ饅頭、人形焼など名物がたくさんあるので、どれにするか迷ってしまいますよね。
さらなる昭和フォトジェニックを堪能するのであれば「伝法院通り」はいかがでしょうか。昭和を感じる鼠小僧の像や、昭和風のイラスト、火の見やぐらなどもあるので、レトロ感たっぷりの通りとなっています。また、つげ櫛や江戸切子の匠の技を感じさせる店舗も多いので、見るに飽きないでしょう。

 

亀戸

浅草に次いで人気のある「#亀戸」もおすすめスポットです。
スカイツリーから近い場所にある、都会の喧騒から離れることができる昭和のノスタルジックさを感じる雰囲気の良い町です。


菅原道真公を祀っている「亀戸天神社」。受験シーズンには多くの学生が集まることで有名ですよね。この神社もとてもキレイで、下町の色使いを感じさせる神社になっています。境内にある池にはびっくりする程、亀がたくさんいるので、これも写真におさめたいところ。


ショッピングも楽しめる「亀戸梅屋敷」です。昭和のレトロ感のある建物になっていて、まるで別世界へ紛れ込んだかのような雰囲気があります。
下町感のあるグルメを楽しむなら「ホルモン青木2号店」がおすすめです。臭みのないぷりぷりのホルモンが絶品となっています。下町情緒を感じる店構えになっているので、インスタ女子にも人気のあるお店です。

上野

人情を感じるあったかい町「#上野」も下町を感じさせるお店が多いんです。
中でも「アメ横」は有名で人気のあるスポットですよね。朝の連続テレビ小説「あまちゃん」の舞台になった町でもあり、観光地としても人気があります。アメ横には和菓子の「うさぎ屋」、フルーツの食べ歩きができる「百果園」、お好み焼き風のB級グルメの「アメ横焼き」などが特に人気があります。撮影ついでに食べ歩きするのも、ほっこりできて良いですよね。

上野といえばもう一つ「上野恩賜公園」を忘れてはいけません。広々とした公園だけではなく、「花園稲荷神社」があるのがポイント。緑の中、たくさんの赤い鳥居に出迎えられる風景は、素晴らしくフォトジェニックです。アメ横に訪れた際は必ず立ち寄りたいポイントですね。縁結びの神様として有名で、子授けのご利益もあるのだとか。女子旅で訪れるのも良いですし、カップルや夫婦で訪れても良いでしょう。

不忍池のボート?池。のどかなもんですな。 #不忍池 #shinobazupond

浅見 恭弘さん(@asami_yasuhiro)が投稿した写真 –

恩賜公園に来たらもう一つ行きたい場所があります。それは「不忍池」です。貸し出しボートには懐かしのスワンボートがあり、昭和感を感じることができます。
そのそばに建てられた「下町風俗資料館」。白を基調とした建物ですが、その風格は昭和を感じさせられます。それもそのはず、展示してある資料は大正時代の下町の街並みを再現したもの。古き良き江戸の風情をとどめてあり、目を奪われてしまいます。館内には他にも明治時代に使われていた電話機や、昭和時代の大きな東芝製テレビなども収蔵されています。入館料は300円となっていますが、一見の価値はありますので下町の歴史を感じたい方におすすめです。

 

谷根千

意外と穴場なのが「#谷根千」です。
グルメの町として有名かと思いますが「根津神社」などの昭和レトロ感あふれる建造物も多くあります。ここの「千本鳥居」が圧巻の存在感をはなっており、どの場所で撮影しても良い写真が撮れるんですよ。本殿の門構えも素晴らしく、写真におさめたくなってしまうこと間違いありません。また、つつじの咲く季節には2000坪の境内に約100種類3000株のつつじが咲き乱れます。これを見に来るだけでも価値がありますよね。春に訪れたいスポットのひとつとなっています。

吸い込まれていく人 #根津 #nezushrine #根津神社 #吸い込み #tokyo

オケタニ教授さん(@ikuro_oketani)が投稿した写真 –


谷根千には食べ歩きできるスポットがたくさんあります。中でも昭和チックな食べものである「根津のたい焼き」これは外すわけにはいきません。他にも「大黒屋」というおせんべい屋さんや、「小石川金太郎飴」もレトロでおすすめです。昭和チックなカフェに「爬虫類両生類研究所8分室」というものも。名前は個性的なのですが、その中身は隠れ家昭和喫茶といったところ。椅子や家具がレトロモダンで良い雰囲気のお店になっています。

???素敵 #夕やけだんだん #谷根千

翔伊さん(@bixiang26)が投稿した写真 –

そして谷根千に来るからには寄りたい「夕やけだんだん」です。「谷中銀座商店街」を一望できる場所にある夕日を眺めることができるスポット。人懐こい野良猫もたくさんいるので、一緒に写ったりすることもできますよ。でも無理やり捕まえたりしないでくださいね。

京島

墨田区にある、町自体が下町感を感じる「#京島」
この町は東京大空襲の戦果を免れた、戦前の建物が残る町となっています。大通り付近は開発されているため、近代的な建物もあるのですが、中でも京島3丁目辺りの小通りに進むにつれて、だんだんとレトロ感のある穴場の撮影スポットがあらわれてきます。普通に暮らしている方もいらっしゃるので、邪魔はしないよう良い写真を撮影したいものですね。

「下町人情キラキラ橘商店街」は京島に古くから根付いている商店街です。正式名称は「向島橘銀座商店街協同組合」だとか。この商店街にも戦前の古いお店が残っていて、インスタ女子の撮影ポイントになっています。郵便局のある建物も昭和のフォトジェニック感があります。ポストの近代感と建物の昭和感のミスマッチだけど調和のとれた雰囲気になっています。

他にも、懐かしい雰囲気の看板を掲げているコッペパンのお店「ハト屋」があります。古いガス釜でつくられたコッペパンはふわふわしていてとても美味しいことで人気があります。
そしてさらなるレトロ感を味わえるのが「虎橋通り」です。この通りには東京ではほとんど見られなくなってしまった風景が広がっています。その風景はまるで昭和の生活にタイムスリップしてしまったかのよう。かつては多くの商店が並んでいた通りだっただけあり、多くの建物は古い長屋がとなっています。商店や工場だった建物が並ぶ、下町情緒あふれるノスタルジックな気持ちになりそうな、そんな雰囲気をかもしだしています。食べものも建物も、下町感をひしひしと感じたいのであれば、京島は絶景の穴場ポイントですね。

 

さいごに

この他にも、「#下町」のハッシュタグで検索すると、東京には数多くの下町スポットが存在します。色んな場所に行ってみて自分のお気に入りの下町情緒あふれる町を見つけてみても良いかもしれませんね。懐かしい気持ちになる、人情あふれる下町にあなたも出かけてみませんか。インスタグラムに「#下町」のハッシュタグと共に写真を載せてみてはいかがでしょうか。