インスタグラムのハッシュタグで友達と差をつけよう!!

Instagramの特徴の一つに、ハッシュタグがあります。これは、写真を検索するときにその写真に関連する言葉を設定しておくことで、ユーザーが探している写真に関連した画像を見つけやすくする検索用ワードです。

投稿する側にしてみれば、検索されることの多い言葉でハッシュタグをつけたり、自分の投稿画像をいくつかのカテゴリーに分けてハッシュタグをつけておくことにより、画像を整理しやすくなるというメリットがあります。Instagramを利用する場合、閲覧、投稿のどちらでも役に立つ機能ですので、上手に使いましょう。

ハッシュタグのルール

Instagramに写真を投稿するときには、ハッシュタグを使いこなしたほうが見やすくなります。Instagramにおいては、ハッシュタグに使われる言葉は自分で自由につけることができますので、オリジナルの言葉や絵文字でも入力可能です。自分で整理するためにつける場合には、他のインスタグラマーの画像が混入しないようにある程度長文にしたり、オリジナルの言葉をつけるなどの工夫をするとよいでしょう。逆に、第三者に検索してほしい場合には、シンプルで検索されやすい単語にしたほうが検索で見つけられる可能性が高くなります。

また、半角スペースを入れることで複数のハッシュタグをつけることも可能です。ただし、ハッシュタグが検索対象となるのはキャプションという投稿者による説明文のみであり、それ以外はリンクが張られるだけです。つまり、こちらの投稿に対して閲覧者がハッシュタグをコメントで入力したとしても、検索した時にはその投稿は表示されないという事になります。

逆に言えば、自分がつけたハッシュタグのみでユーザーの検索に引っかかるかどうかが選べますが、あまりにハッシュタグが多すぎるInstagramはユーザーから嫌がられる傾向にありますので、2~3程度にとどめておくとよいでしょう。検索目的の場合には、長すぎる言葉もユーザーに負担なので避けるべきです。

ハッシュタグのつけ方・検索の仕方

Instagramでハッシュタグをつけるには、自分のコメント欄にまずシャープ文字「#」を打ち、その直後に設定したいハッシュタグのキーワードを入力するだけです。通常は写真に関する説明や感想などのコメントを入力し、そのあとでハッシュタグを入れるインスタグラマーが多いですが、どの部分に入れても問題ありません。ただし、ハッシュタグを入れるときにはその前後に半角のスペースを入れなければなりません。

また、複数のハッシュタグを入れるときには一つ目のハッシュタグを入れた後に空白スペースを入れ、二つ目のハッシュタグを入れるという書き方を繰り返すことになります。

ちなみに、閲覧する側が検索する場合には、画面上部にある検索のアイコンをタップします。すると、テキスト入力画面が現れますので、入力フォームをタップします。入力フォームの下にピープルとハッシュタグが表示されますので、ハッシュタグをタップしましょう。その後、テキスト入力フォームに検索したい言葉を入れると、その言葉を含む関連したハッシュタグの一覧が表示されます。該当する選択肢をタップすることで、そのハッシュタグがつけられた画像が表示されます。

検索をするときにはシャープ文字を入れる必要がありませんが、投稿者がハッシュタグをつけるときには、自分のコメントであってもシャープ文字が必要です。

禁止用語に注意

比較的自由につけられるInstagramのハッシュタグですが、中には設定してもハッシュタグとして認識してもらえない禁止されている単語もあります。この言葉をシャープ文字付で入力しても、ただの文章としてしか認識されなくなりますので、ハッシュタグとして使うことはできません。禁止される単語は英語が多く、日本語ではよほど悪質な意図をもって使われるような言葉でなければ大体使用可能です。ただし、今後ユーザーが増加していることで日本語の規制も厳しくなると考えられるため、無難な単語がおすすめです。

大まかに言えば、禁止される単語はアダルトな内容にかかわるもの、侮辱や差別と判断されるもの、一般的・抽象的すぎてタグをつけても意味がないと思われるようなものの3パターンです。アダルト関係、差別関係の単語は普通にしていれば該当することはまずありませんが、一般的な単語というのは時折引っかかることがあります。

例えば、「Instagram」「photography」のように入力するまでもない言葉を使用した時などがこれに該当します。単にハッシュタグとして使えないだけならばまだしも、時には閲覧者から通報されてしまい、アカウントを停止される可能性があります。特に悪意のある言葉を使用していないかどうかはしっかり注意しましょう。

避けたほうが良いハッシュタグ



Instagramでは、禁止されてはいないものの、避けたほうが良いハッシュタグも存在します。例えば、禁止まではいかなくても、一般的すぎて多くのユーザーに検索されるような単語です。一見すると、多くのユーザーに閲覧されるという事でフォロワーアップにつながりそうにも思えますが、閲覧者に検索されやすいだけでなく、その単語を使ったハッシュタグをつける投稿者も多いという事になります。その結果、ユーザーがハッシュタグを使って検索したとしても、多くのインスタグラマーの投稿に紛れてほとんど目立たなくなってしまい、素通りされる可能性も高くなります。

また、できるだけ英単語は避けたほうが良いでしょう。英単語のハッシュタグはスパムに引っかかることが多くなるだけでなく、上記のように投稿者が重複するケースにも該当しやすくなります。国内でもハッシュタグが重複した時には閲覧されにくくなるのに、英語で重複した時にはライバルが世界中にいるという事になり、新規の閲覧者にチェックしてもらえる可能性はさらに低くなるでしょう。

加えて、綴りを間違えていれば検索を全くされなくなることも考えられます。そして、禁止用語に対するチェックが厳しいのも英語です。今は普通に使えていても、将来的に禁止される可能性が皆無とは言えませんので、あまり頻繁に使わない方がよいでしょう。

2017年インスタグラムハッシュタグトップ100選

【完全保存版】2017年インスタグラムハッシュタグトップ100選(前編)

April 17, 2017

ハッシュタグでフォロワー数アップ

このように見ると、Instagramのハッシュタグをどうすればよいのかで迷う人も多いでしょう。しかし、実際にはそれほど難しく考える必要はありません。自分自身のページ整理のためにつけたい場合には、アカウント名を入れるなどして他と差別化を図ればよいだけです。また、新規の閲覧者を増やす意図がある場合には、一般的すぎない程度のハッシュタグをつけたり、有名人の単語をまねることで閲覧者を増やせます。

ハッシュタグの検索では、検索した単語だけでなく、それに関連するハッシュタグも表示されます。例えば、「犬」をハッシュタグとして登録すると、犬に関する写真が一斉に表示されます。しかし、「秋田犬」「大型犬」など、もう少し具体的な言葉にすることで、表示される画像数も減りますし、ユーザーが求めている写真を見つけやすくなりますので、好みの合った閲覧者が訪問する可能性が高まります。有名人の単語をまねるというのは、芸能人や人気インスタグラマーと同じハッシュタグをつける方法です。

この方法は、最初はユーザーが間違えて訪問する可能性が高いものの、そこで投稿した写真を気に入ってもらえればフォロワーとして定着してもらえるというチャンスを狙う方法です。もちろん、その投稿者オリジナルの言葉は使うべきではありませんが、一般的な言葉ならば試す価値があります。

簡単にフォロワーを増やすための魅せ方徹底解説!!

これでInstagram人気者!簡単にフォロワーを増やすための魅せ方徹底解説!!

April 17, 2017