【colorful – マーケティング】インスタグラムのフォロワーアップを測る「#Likes(ハッシュライクス )」が最適な理由とは?


今回の記事は#Likes(ハッシュライクス )がなんでこんなに他社と比べて効果が出るのかというところ、他社との違いについて触れていきます。

まず、こう言った自動ツールっていうのは日本でも3社くらい提供しているんですけれども、そこで一番懸念となっているのがアカウントの凍結とか停止リスクなんです。これ何かって言うとインスタグラムっていうのは手動であれ、自動であれ規定数をいいね!とかフォローとかアンフォローというようなアクションをすると停止警告をくらったりしてしまいます。

この手動とか自動とかどのくらいだったらいいのかという規程というのは毎時間変動しているんです。ただ、同じシステムであったとしても、それぞれのシステム毎に伸びが違ったりするのです。(無料で提供されているものは基本的にNG)

更に、コンサルティングのような形で運用を請け負っている会社もありますが、実際に日々の変動がリアルに見れるものではなく、1ヶ月に1度レポートが送られてくるようなものだったりもする。その過程になにをしているのかも分からず進み、結果的にフォロワー数だけを成果にされてしまう可能性が高いので、ネガティブ要素が多い。

会社の実態

アカウントの停止リスクが高いため実態を公開していないことがある。特商法ホームページを持っている会社がほとんどないことが多く、またあったとしても販売者情報が個人名でしか記載されていなかったり、電話番号や企業ホームページが記載されていない(記載されていても公式ホームページがない)場合がほとんど。

自分のインスタグラムアカウントを連携させる事になるインスタグラム自動ツールになるので、出来るだけ安心感が欲しい。しかし、そんな自動ツールも少ないということを覚えておくといいかもしれません。

一方#Likes(ハッシュライクス )の方を確認してみると、しっかりとした記載、支払い方法から企業情報、住所までがしっかりと記載されており、国内企業がしっかりと運営していることが分かる。問い合わせの返信も早く、運営自体もしっかりと行われているので安心して利用できる。

ターゲティング

管理画面でターゲティングは自分で設定するということからも、素人でも可能なように分かりやすく、簡単になっていることからも、システム自体は誰がいじったとしてもなるべく差が出ないようにしている部分が魅力。
コンサルティング形態で運用を請け負っている会社では「お金・料金」で運用の差が出てしまうことが多いので、資本力が高い人が勝つような仕組みになっている

一方#Likes(ハッシュライクス )では、個人(または小規模ビジネス)でもなるべく継続して利用できるように、財布に優しい料金形態になっている。ここで重要なのは、アカウント運用を「継続」して行えるかが問題ということ。

30万利用して1ヶ月運用してもらいとしても、結局#Likes(ハッシュライクス )を継続利用していた方が、結果的に獲得できるフォロワー数は多いはずだ。更に、自分で停止したい時に昨日を一時的に停止することもできれば、#Likes(ハッシュライクス )では日々のレポートをメールで受け取ることもできる。

サポート

大体のインスタグラム自動ツールは、サポート体制が整っていないことが多い。お金を払って利用しているにも関わらず、問い合わせをしても直ぐに返信が帰って来ることはなく、結局1日では返信がなく再度問い合わせする羽目になることも多い。

その一方で#Likes(ハッシュライクス )では画像にもあるように、複数人の専門チームで対応しているため、必ず1日以内にサポートからの返信があり、スタッフがオンライン中であれば、画面上で会話がスムーズに行えるようになっている。また、スタッフが退席しているのか、オンラインなのかというのも一目で分かるようになってもいる。

WEBで「ハッシュライクス  サポート」と検索しても、「#Likes(ハッシュライクス )のサポートは対応がいい!」「直ぐ返信がきた!」「丁寧で優しい。」などのポジティブな情報で溢れている。

どうせ利用するのであれば、しっかりとサポートが整っている自動ツールを利用したいと思うのが一般的だろう。更に、#Likes(ハッシュライクス )のサポートでは、システムに関する質問だけではなく、インスタグラムでフォロワーがなかなか増えない。等の悩みも受け付けているため、コンサルティングをしてもらっているような感覚まで持てる利点がある。

位置情報

現在インスタグラムでは、飲食店やファッション店などの「実店舗ビジネス」を行う際に活用できる位置情報系のマーケティングも必要になっていることからも、出来るだけ近くに居る人、訪れる人に向けてアプローチを行うような施策が不可欠になってきている傾向がある。

検索ボックスで「カフェ」と検索しても、その店舗情報が位置提供と共に表示されたりするまでにもなってきていることから、位置提供はとても重要なことだ。

#Likes(ハッシュライクス )では、そんな悩みも解決できるように「ロケーション登録」というターゲット設定が存在する。
このロケーション登録では、Googleマップを利用し、自分のターゲットとしたい地域・お店を登録しておくことで、その場所をタグ付けしているユーザーへのアプローチができるのだ。

いいね・フォローされたユーザーは「あっ!ここよく行くし今度行ってみよう。」「職場の近くだから今度使ってみよう!」「さっきまで近く居たからあとで行ってみよう!」と、自然に場所を使ったマーケティングができるようになっている。どこにあるのかということを、出来るだけ多くのユーザーに知ってもらうことは実店舗ビジネスでは欠かせないことに違いはないだろう。

最後に

ハッシュライクス(#Likes)でインスタグラムを自動化!? フォロワーを増やす使い方 完全攻略法

上記で説明してきたように、そんなこんなをまとめて総合的に「費用対効果」「継続のし易さ」「安心・安全」「結果」どれを考えても、#Likes(ハッシュライクス )を利用することが1番フォロワーが増える。更に言ってしまえば、ただただフォロワー数が増えるだけではなく、コメントやいいねなどを日々行ってくれるような「アクティブなフォロワー」が増えるのだ。