気になるEmma Watson(エマ・ワトソン)の今をインスタグラムから見る!

ハリーポッターシリーズで長年メインキャストを勤めていたことで知られるエマ・ワトソン。そういえば彼女ってどんなことしてるの?と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

最近、主演映画「美女と野獣」が公開されその人気は日本でも注目を集めているエマですが、実は彼女、女優としてのキャリア以外に力を注いでいる活動があるようです。今回は、そんなエマの今にフォーカスした内容を彼女のインスタと絡めてご紹介いたします。

幼き少女が大人になるまで

幼い頃から、女優としてのキャリアを積むエマにとって様々な大人に囲まれて生活を送る。ハリーポッターシリーズと共に成長したと言ってもまちがいではない。そんな中、彼女は自分の学業をおろそかに知ることはなかったみたい。

(@emmawatson)がシェアした投稿

そして、彼女が18歳を迎えた時にあるショッキングな事件が起きた。その事件はのちに、彼女がフェミニストになるきっかけであったよう。

その事件というのが、エマが18歳の誕生日で成人を迎えたとき(イギリスでは18歳が成人)、パパラッチが彼女のスカートの中を撮影し、翌日その写真がゴシップ誌に使われたということ。

女性であるがゆえに起こる日常で起こる非道な体験を期にフェミニズムを他人事とは言えない世界平和に繋がる確かな問題だと感じたのだとか。

フェミニストの代表、エマの国連のスピーチが話題に

女優として知られるエマですが、2009年にはアイビーリーグで知られる名門校のブラウン大学を進学し卒業。知性も持ち合わせた女優さんですよね。そんなエマが、いま女優業を休業してまで活動しようとしていることというのが、「フェミニストとしての活動」です。

(@emmawatson)がシェアした投稿

最近、フェミニズムやフェミニスト、ガールズエンパワーメントといった言葉を聞いたこともある方も多いのではないでしょうか?簡単に説明すると、男女平等や性差別に対して巻き起こる問題に対して声を上げるということです。

彼女は、2014年に国連の親善大使として公で「フェミニスト」に関してスピーチを行いました。賛否が起こったスピーチとしても有名ですが、彼女の言葉に含まれる力強いメッセージに共感を同時に得たことも。

彼女がSNSを等して発信される事柄には度々メディアからの注目も高く、インスタでもフェミニズムに関する投稿も度々見られます。

オススメの本を自ら紹介しているようです。フェミニストなら読んでおきたい本と言えそうですね。

(@emmawatson)がシェアした投稿

(@emmawatson)がシェアした投稿

ロンドンの駅にて、エマ自身がオススメの本をこっそり忍ばせる姿も。ロンドンでのコミュニティーで知られる「BOOKS ON THE UNDER」がロンドンの駅で新書や古本を駅に忍ばせ本の良さを伝えるというプロジェクトに参加した際の写真のようです。

(@emmawatson)がシェアした投稿

(@emmawatson)がシェアした投稿

カナダ首相との「男女平等」「若者を政治に取り込む必要性」に関して対談した際の写真も投稿されています。

(@emmawatson)がシェアした投稿

メットガラの際にエマが着用したドレスは有名ブランド「Calvin Klein(カルバン・クライン)」のもの。ですが使用された生地は持続可能な地球に優しいコットンなどの生地を使用されていたとあってメディアでも取り上げられていました。

(@emmawatson)がシェアした投稿

そんな様々な一面を見えせるエマですが、あどけない姿だってちゃんとあります。子猫と戯れている写真も投稿されていてとっても可愛いです。

(@emmawatson)がシェアした投稿

(@emmawatson)がシェアした投稿

いかがでしたか?女優としてキャリアを築く一方、アクティビストとして活動する彼女の姿はこれからも期待したいですよね。