【colorful – マーケティング】オンライン・ECのインスタグラム運用の基礎編

オンライン、ECをやっている方は当然インスタグラムのアカウントを運用していることと思います。現在ではものを調べるときもGoogleではなくインスタグラムを利用する若者世代が増えてきています。

インスタグラムにSHOP NOWと言う機能が追加され、インスグラムを開いたまま簡単に商品購入ページまでアクセスできるようになりました。そして今後リリースされているでは全てインスタグラム内で買い物まで完結するCHECK OUT機能がリリースされる予定となっています。

この記事ではそんな今大盛り上がりのインスタグラムでEC・オンライン向けのアカウントを運用する方法を紹介します。

オンライン・ECのプロフィール設定

プロフィール画面における離脱率は74%になっています。この離脱率とは、プロフィールを見にきてくれたけれども下にスクロールをしないで元のページや他のページに移動してしまうユーザーの割合のことです。この割合を出来るだけ下げるようなプロフィールを作成することを目標にしましょう。

プロフィールを企業アカウントや会社のアカウントのような作り方にしてしまうと、ユーザーからすると宣伝用のアカウントかとか売り込みがしたいのかと思われてしまうので、必ずどこかで人間味を出すプロフィールにして下さい。

ではどういう風にしたら人間味のあるプロフィールになるのかを含めてプロフィールの設定を紹介します。まず、アカウント名は個人の名前もしくはブランド名もしくはサービス名にしましょう。アイコンはサービスや商品のロゴだったり、個人のアカウントであるならば自分の顔写真にしましょう。

名前はブランド名、サービス名、個人の名前に設定するのが良いでしょう。プロフィールにどんな商品なのかどんなサービスなのか?などを簡潔に箇条書きにしましょう。ここで大事なのが、サービスや商品の世界観であったり、どのようなジャンルで使えるものなのかを記入しましょう。

例えば、「レザー小物、アクセサリー作成してます」「誕生石を使って世界で一つのジュエリーを」というようにかくと、世界観も伝わりますし、実際にどういうものがあるのか、何に役立つのかというのがユーザーに伝わりやすくオススメになります。

プロフィール欄にはURLを貼ることができるので、お店のHPやブログ、サービスサイトのURLを必ず貼りましょう。プロフィールを訪れたユーザーのうち数%はアクセスしてくれることとなり、あなたのことをさらに知りたいと思うでしょう。

忘れてはいけないことが、アカウント自体をビジネスアカウントに切り替えることです。ビジネスアカウントに切り替えると、プロフィールに電話、メール、地図、予約ボタンを表示することができるようになります。ボタンを表示しておくことで、見込み客が電話したいときにスムーズにできるので集客にもつながりやすくなります。

オンライン・ECの投稿写真のコツ

 

次は写真について説明します。ポートレートと通常モードというものがiPhoneやスマートフォンのカメラには標準で備え付けられてます。近くてディティールが伝わりやすい写真と全体が分かる写真に分けると言ったように、この二つを使い分けて写真を撮って下さい。

写真は商品、サービスの世界観が出るようなものを使いましょう。例えば、LAビーチ系でしたら貝殻、ヤシの木、砂など、リッチ、高級路線であるならバラ・車・大理石と言ったようなものを入れると世界観が出せます。また、商品が入っていなくてもサービスなどの世界観を表現できるものであれば商品サービスなしの写真も大丈夫です。

写真は加工しすぎないようにしてください。なぜなら、商品などを加工して色味が変わってしまうと実際の商品と色が違うじゃないかというクレームに繋がりかねないので、色味を変えない程度の加工にしましょう。

他にもストーリー性のある写真を入れてください。例えばビーチ系のポーチを取り扱っているとして、白い背景に商品を撮影するというのもアリなんですが、もっと効果的なものとして背景を実際にビーチにする、砂などをバックにして撮影するのがいいでしょう。

このように商品、サービスのイメージ、シチュエーションが伝わるような背景、小物など一緒に映るものを気にかけて写真を撮っていただくのが望ましいです。

オンライン・ECの投稿文章の書き方

文章はどう言った文章を書けばいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。文章において大事なのが人間味を伝えることです。そのためには、共感できる内容、誠意が伝わる内容を書くことがすごく重要になります。

例えば、「いちにち雨だったからずっとジュエリーを制作しました!作っている時が一番楽しい!」という内容のように物づくりが好きであることが投稿を見たユーザーに伝わります。このように、思いが伝わる文章を書いていただくと、ユーザーに親近感を持ってもらえ、フォロワーとも仲良くなることに結びつきます。

他にも、ユーザーが商品を身につけている、利用しているイメージがしやすい文章を書きましょう。ここで気をつけたいのが宣伝の色を強くしてしまうとユーザーから煙たがられてしまうので気をつけましょう。

文章に入れたいものは他にも、入荷情報、セール情報、サービスに関するお知らせと言ったものです。例えば「大好評で売り切れしていた指輪が明日再入荷します!」と言ったような宣伝になりすぎない程度のお知らせをすることです。

こちらを投稿することで「改めてサイトを見てみようかな」という気にさせられますし、毎日チェックしていないユーザーにとってはありがたがられます。

オンライン・ECのハッシュタグ活用

まず使いたいハッシュタグは、シンプルなのですが「ブランド名」「サービス名」は入れましょう。こちらは日本語と英語表記両方利用するのが良いでしょう。

また、商品を表す言葉、類義語のハッシュタグも利用しましょう。例えば、手作りリングを取り扱っている場合でしたら。「アクセサリー」「ジュエリー」「リング」「ハンドメイド」「指輪」と言ったように関連を漏らさずに使いましょう。

あとは実際に検索する人が調べそうなキーワードのハッシュタグも使いましょう。例えば、「金アレ」「金属アレルギー」のように買い手が調べる条件といったものを入れるのが有効的です。

最後に

オンライン・ECとインスタグラムの相性は抜群なので、是非精力的に運用することをお勧めします。まだまだ、伸び代のある業界なので予算を割いて運用することも視野に入れると良いでしょう。

この記事を参考にインスタグラム運用の第一歩を踏み出してみてください。