食べられるお花があるって知ってた?エディブルフラワーがインスタ映え抜群と話題に!

お花が食べられる。そんなファンタジーな世界がすでに現実となっているのを知っていますか?

食べられるお花「エディブルフラワー」を使った料理がとてもインスタ映えするとして、数多くのインスタグラマー、デリスタグラマーが写真をシェアしています。

今回は、エディブルフラワーの基本的なお話からその活用の仕方までをご紹介します。野菜でも肉でもない新たな食材を楽しんでください。

 

エディブルフラワーとは?

エディブルフラワーとは、エディブル(edible=食用)の名前が表すとおり、食べられるお花のことです。

観賞用の花は、通常、見栄えをよくするために農薬を使用したり、あるいは元々毒性があったりするので食べることができません。

しかし、食用に育てられたエディブルフラワーは、そういった害となる要素を排除して育てられているため食べることができるのです。
農林水産省のガイドラインに基づいて栽培されたものであれば、より安心して楽しむことができるでしょう。
 

どんなお花がエディブルフラワーになるの?

観賞用として知られているお花でも、毒性がなく農薬など有害な育てられ方をしていなければエディブルフラワーとして食べることができます。

パンジー、ビオラ、マリーゴールド、カーネーションなど美しい花々がエディブルフラワーとしても親しまれています。

ですから、品種と育て方にさえ気をつければ、家庭菜園のように自宅でもエディブルフラワーを栽培できてしまいます。

その際は、エディブルフラワー用として販売されている苗や種を購入すると良いでしょう。

 

エディブルフラワーの味は?

エディブルフラワーを料理に取り入れたいとき、気になるのがどんな味がするかということですよね。

エディブルフラワーの多くは、特に強い味や刺激がするということはありません。

ですから、料理に彩りとして添える際にも気兼ねなく使うことができるでしょう。

ただ、品種によっては少しスパイシーだったり苦みがあったりするようです。

種類によって味が異なるのは野菜と一緒です。

使用する際は見た目と味、両方を考えて品種を選ぶと良いですね。

 

エディブルフラワーの活用法

エディブルフラワーは、アイデア次第でいくらでも使い道のある魅力的な食材です。

とはいえ、使ってみたいけれど具体的にどのような使い方をしたらいいかパッと思いつかず悩んでしまう人も多いでしょう。

そこで、ここからはインスタグラムでシェアされたエディブルフラワーを取り入れている料理をご紹介します。

目で楽しむとともに、エディブルフラワーを生かしたインスタ映えメニューの開発の参考にしてみてください。

 

彩り豊かな付け合わせとして

洋食ならパセリやクレソン、和食ならしそ・大葉などが料理の付け合わせに使われることが多いですが、エディブルフラワーならそっと添えるだけでも食卓がより華やかになります。

 

サラダの素材として

ヘルシーで簡単につくれて色鮮やかなサラダは格好のインス映え素材です。そこにエディブルフラワーを加えれば、よりフォトジェニックな1枚になるでしょう。

 

スイーツのデコレーションとして

ケーキをはじめとしたスイーツのデコレーションにもエディブルフラワーは活躍します。誕生日、結婚記念日などでは積極的に使いたいですね。

 

お弁当の彩りに

エディブルフラワーを散らせば、いつものお弁当も季節感のある華やかな装いに大変身します。

日常遣いはもちろん、ピクニックや行楽の時には特に活躍するでしょう。

 

丼物もエディブルフラワーならデコれます

無骨な男の料理というイメージが強い丼ものも、エディブルフラワーで彩れば一気に雰囲気が変わります。

イクラとのマッチングが素敵ですね。どんぶりなのにかわいらしいというギャップで注目を浴びること間違いなしです。

 

もちろん、今回ご紹介した写真はほんの一部です。

「#エディブルフラワー」でインスタに投稿された写真の件数は6万件以上にも及んでおり、キャンディーに入れたり、お寿司に乗せたり、はたまたシャンパンに浮かべたりと、その使い方は十人十色。

眺めているだけで楽しくなってきちゃいます。

もちろん、そのまま食べちゃうのも全然OK。存在自体がフォトジェニックなエディブルフラワーのメリットですね。

 

ドライエディブルフラワーも人気

ドライフラワーならぬ、ドライエディブルフラワーも非常に人気です。

エディブルフラワーは、食べられるといっても基本的には普通の生花や野菜と変わりません。

保存方法に気をつけなければならないですし、消費期限もあります。

一方、ドライエディブルフラワーなら乾燥しているため、長い期間食べることができます。

調味料のように、ちょっとしたときに添えたり振りかけたりといった使い方ができるため、エディブルフラワーを幅広い方法で生かせるようになるでしょう。

ドライエディブルフラワーは、特にチョコレートやクッキーなどの焼き菓子などに混ぜ込んだり乗せる使い方がメジャーです。

家庭でのお菓子づくりがより一層楽しくなるのではないでしょうか。