Instagramの困ったを解決!いいねの通知設定やコメント非表示、コメント削除や通報まで

Instagramを利用しているとどうして?なんで?と疑問に感じることが多々あります。そこで、Instagramの悩みや疑問を解決するためにちょっとした豆知識をご紹介。今回は、数ある悩みの中でもコメントに関するトラブルについて説明していきます。

Instagram利用者の中でも意外と多いトラブルがコメントシステムによるものなので、これまで少しでも疑問に感じたことのある人はぜひ参考にしてみて下さい。頭の中にあるもやもやがすっきりして今までよりもっと楽しくInstagramを使いこなすことができますよ。

Instagram初級編!「いいね」は通知機能あり!?

Instagramでは「コメントに対するいいね機能」が、追加されてコメントや投稿写真に対して間接的にアプローチすることが出来るようになっています。これが、果たして便利な機能といえるのかどうかは疑問ですが、ほとんどのSNSがこのような機能を採用しているためInstagramでも追加されるのは必然だったといえるでしょう。あまり意味のない機能にも見えますが、実際コメントにいいねをしてその数が伸びれば伸びるほど話題性は高くなりますし、その分コメント欄が充実する可能性があるという点においてはインスタグラマーにとって嬉しい機能といえます。

ところで、少し疑問に感じるのがいいねに対する通知機能があるのかどうかですよね。実は、Instagramでコメントにいいねを送った場合相手に通知が行くことはありません。なので、今まで通り気軽にいいねを押してもまったく問題はないですが一部例外があります

それは、Instagramのオプションにあるプッシュ通知に関係しています。そこにある「コメントへのいいね!」の項目で「フォロー中の人」をチェックしている場合に限り、フォローしている人からいいねがされたときに通知が行くようになっています。通知されたほうがいい人、そうでない人は一度オプションを確認してみるのが良いでしょう。

Instagram中級編!コメントをオフするには!?

Instagramでは、これまでコメントをオフにする機能が備わっておらず荒らし対策や不快なコメントに対して対処する方法がブロックしかありませんでした。ブロックは完全に相手をシャットアウト出来るので抜群に効果的ですが、何億ものユーザーが利用しているInstagram内において拒否したいすべてのユーザーをブロックすることは非現実的であり実際限界があります。アカウントを非公開にするという手段もあるのですが、見られてなんぼのSNSで非公開にするのは意味がないですよね。ということで、不快なコメントをしてくるユーザーを効果的に遮断させるコメントオフ機能について説明していきます。

やり方は簡単で、投稿画面最下部にある詳細設定をタップして「コメントをオフにする」機能をオンにするだけ。この機能はいつでも切り替えられるのでユーザーの気分次第で変更が可能となっています。ただし、あくまでもこれからされるコメントを拒否するものなので、今まで投稿された画像に対してのコメントを拒否することはできません。投稿済みの画像にコメントをさせないためには、ひとつひとつ選んで処理する必要があります。まず、コメントをさせたくない投稿を開いて「・・・(縦)」を選択。次のページに「コメントをオフにする」とあるのでオンにしましょう。これで過去投稿のコメントも拒否することが可能です。

Instagram上級編!コメントを削除&通報する方法

Instagramにコメントオフ機能が付いて悪質ユーザーに対する防御策が出来たのは非常に嬉しいことですが、すべてのコメントを拒否するのも・・・と悩むユーザーも多くいるのではないでしょうか。そこで、不快なコメントのみ削除してさらに運営に通報出来る方法を紹介します。

コメントを削除するには、対象のコメントを長押しまたはスライドさせてメニューを開きます。次に、そこにあるゴミ箱のアイコンをタップすれば削除が完了です。すぐに削除したコメントを復活できるメッセージが表示されますが、基本的にそれ以外の操作を行ってしまうとメッセージは消えてしまいます。そうなってしまうと二度と戻すことが出来ないので注意しましょう。

次に、通報する手段についてですが削除するときのメニューにあるゴミ箱の左隣に「!」アイコンがあり、これをタップすると「迷惑行為(スパム)または詐欺」、「不適切なコンテンツ」という通報する内容についてのメニューが表示されます。間違えのないように相応しい理由を選択して通報しましょう。

ちなみに、コメント削除出来るのは投稿主と実際にコメントをした人だけですが、通報は第三者でも可能だということを覚えておいて下さい。通報を受け運営により違反が見なされた場合、アカウントが停止または削除される可能性もあります。

Instagram番外編!よくある疑問とトラブルについて

Instagramを利用しているとコメント機能に関してちょっとした疑問がいくつか出てきます。その代表的な例としてあげられるのが、コメント削除に通知機能があるのかどうかについてです。不快なコメントを削除するのはInstagramを日常的に使っているユーザーであれば珍しいことではないですが、もし通知機能があってそれが原因でトラブルにでも発展したら・・・と考えると削除したくても出来ないこともありますよね。

そこで、はっきりと説明しておきますがInstagramではコメントを削除しても相手に通知が送られることはありません。ですが、相手が消された事実に気づくことは有り得るので削除する際は慎重に行う必要があります。もし、コメントを削除したことでさらに荒らしがエスカレートしてしまった場合は、上記で説明した通報やブロック機能を使ってユーザーをシャットアウトするのが健全です。

次に、トラブルに発展しやすいのがコメントの修正機能についてです。勘違いされることも多いですが、Instagramでは投稿したコメントを後から編集しなおすことは出来ません。なので、修正したくても出来ないといったトラブルを避けるためには、しっかりと確認を行い間違ったコメントを投稿しないようにするしか手はないのです。気軽に利用できるInstagramですが、コメントについては後から中身をポンポン変えられるわけではないので頭に入れておきましょう。

Instagram豆知識!キャプションとコメントの違いとは

Instagramを利用しているとキャプションやコメントというワードに頻繁に遭遇します。ですが、その意味について詳しく知る人はほとんどいません。そこで、キャプションとコメントでどのような差があるのか素朴な疑問を解消するためにその違いについて説明していきます。これを知ればInstagramを利用しているときに感じるちょっとした疑問もすっきり解消出来ますよ。

まず、キャプションとは見出しや説明文のようなもので投稿主にしか付けることが出来ず、さらに投稿の冒頭に来る文章のことを指します。そのため、投稿主と他ユーザー両方に当てはまるコメントとはまったく意味合いが違ってくるのです。

そもそもキャプションを冒頭に来ているコメントと認識される人が多いですがそれが間違いだということが今回の説明でわかりますね。あくまでも重要になってくるのは投稿主&冒頭であることが肝心なので、この二つをクリアしていないとキャプションとは呼べないので覚えておきましょう。

ちなみに、キャプションには2200文字の制限がありこれはコメントに関しても同じです。実は、無制限と勘違いされやすいハッシュタグにも限界があり、投稿する際はハッシュタグを30個以内に制限しなければいけません。それ以上付けると投稿することはできないので参考までに覚えておきましょう。