Colorful Instagram

魅力溢れる中国の西安!インスタ映えするフォトジェニックなスポットは?

長いこと中国の都が置かれてきた西安には、海外からの観光客もよく訪れています。
日本の旅行会社でも現地の観光地を巡るいろいろなツアーを発売していますので、これから滞在する予定がある方もいるかもしれませんね。
ここでは、中国の魅力に触れるのにもってこいの西安のスポットをお伝えしていきます。現地でしか撮影出来ないフォトジェニックな場所が多いので、インスタにもピッタリですよ。

西安鐘楼

西安鐘楼は、明の時代に洪武帝によって建設されました。お寺に似たこの建物は、日本人にとっても親しみを感じられるようなデザインになっています。
西安を代表するスポットとして古くから親しまれてきたのが、こちらの西安鐘楼。室内には中国の鐘や太鼓などが保存されています。
西安鐘楼を撮影するなら、夕方以降が特におすすめ。ライトアップが行われると、建物が夜の闇に浮き上がり一段と華やかになります。

【名前】西安鐘楼

【住所】中国 陝西省 西安市 碑林区 北院門小吃一条街 邮政编码

【営業時間】夏季:8:00~19:00

冬季:8:30~18:00

西安大清真寺

明の洪武帝時代に建てられた西安大清真寺は、イスラム教の寺院。イスラム教のモスクに付き物のミナレットは、こちらの中国の西安大清真寺では省心楼と呼ばれており、見どころの1つになっています。
アラビア風の建築と中国の伝統的なスタイルがミックスされているのが、このスポットの魅力。西安大清真寺のエキゾチックな雰囲気は、多くの観光客を魅了しています。
反り返った屋根のユニークな建物やカリグラフィーなど、インスタ映えしそうな素材とも至るところで出会えますよ。

【名前】西安大清真寺
【住所】中国 陝西省 西安市 蓮湖区 北院門小吃一条街

西安城壁

かつての要塞として使われてきたのが、西安城壁です。城壁の外周は、約14キロメートルという長さ。
城壁の周りを一巡りする場合、自転車を使っても約1時間はかかります。城壁の入口として設けられている永寧門からは、西安城壁の上に上ることが出来ますよ。
西安の前身である中国の長安は、日本の都の設計にも少なからず影響を与えました。碁盤の目のように張り巡らされた街並みは、京都や奈良の街づくりにも生かされています。
自転車で一周する、城壁に上って眺望を堪能するといった、いろいろなスタイルで楽しめるのがこちらのスポットです。

【名前】西安城壁
【住所】中国 陝西省 西安市 蓮湖区

翠華山

中国の神秘的な風景が楽しめる西安の翠華山は、市内でも指折りの観光スポット。岩が切り立つような独特の形をした翠華山は、唐時代の地震によって偶然誕生しました。
ちなみにこちらの山には、男女の悲恋をテーマにした古い伝説があり、ロマンティックなイメージを誘ってくれるスポットとしても有名です。
翠華山には登山道の他にも美しい池があるため、水辺の風光明媚な景色に酔いしれることが出来ますよ。
ボート遊びや水泳といったアクティビティも出来るので、バリエーション豊かな写真が撮れます。

【名前】翠華山
【住所】中国 陝西省 西安市 長安区

西安植物園

中国の西安植物園は、滞在中にふと自然に触れたくなった時にも便利なスポットになっています。
園内では、蓮や南国の花など、さまざまな植物が育てられており、ざっと見て回るだけでもリラックスが出来ます。
特にチェックしておきたいのが、色とりどりに咲き誇るチューリップ。
中国風の東屋やモニュメント、噴水といったフォトジェニックな設備もありますので、中国で思い出に残るような1枚を撮りたい!という方は、ぜひ足を向けてみてはいかがでしょうか?

【名前】西安植物園
【住所】中国 陝西省 西安市 雁塔区 翠華南路17
【電話】+86 29 8524 5058

蓮湖公園

中国、西安にある蓮湖公園では、水面に咲く楚々とした蓮の花の風景を満喫出来ます。薄桃色の蓮の花を撮影したい時には、少し早起きをして出向くのがおすすめ。
タイミングがよければ、貴重な開花の瞬間を捉えられるかもしれませんよ。大きな湖を取り囲むような蓮湖公園は、西安の人々にとっても、ボート遊びを始め、いろいろなアクティビティが楽しめる憩いのスポットになっています。
遊具やベンチでゆっくりとくつろぐ西安の人々の飾らない日常も、撮影出来るでしょう。

【名前】蓮湖公園

【住所】中国 陝西省 西安市 莲湖区 莲湖路58

【電話】+86 29 8727 8371

さいごに

行きたい場所が決まっていると、中国のツアーを選ぶ時にも迷いが少なくなりますよね。目的のスポットがスケジュールにしっかりと含まれているツアーを探すのが、1つのコツになってきます。
広大な中国を旅する時には、効率を考えることも大切。滞在期間が短くても満足出来る写真が撮影出来るように、ベストなツアーを探してみましょう。