【colorful – マーケティング】カフェ、飲食のインスタグラム運用(基礎編)

インスタグラムが絶頂期を迎えている今、多くの人々は「インスタ映え」できるカフェや飲食店を求めています。カフェや飲食店ではインスタ映えするメニューを提供しているにも関わらず知名度が足りないと言うことで客足が新しいお店に取られてしまっているということも耳にします。

インスタグラムが大人気であるからこそ、メニューだけで勝負するのではなくインスタグラムを活用してみませんか?この記事ではカフェ・飲食店のインスタグラム運用の基礎について説明します。

カフェ・飲食店のプロフィール設定のポイント

プロフィールでの離脱率、つまりプロフィールにアクセスされても下にスクロールせず、投稿が見られずにすぐ他のページに移動したり戻ってしまう割合が74%と高くなっています。この離脱率を出来るだけ下げれるようなプロフィールに設定することが一番の目標でしょう。

そのため、あまり企業色の強すぎるプロフィールではなく、人間味を出した方がちゃんとコンテンツまで見てもらいやすくなるので必ず人間味を出すようなプロフィール設定してください。

ではカフェ、飲食がどうやってプロフィールで人間味を出すかを具体的に説明します。まず、アカウント名はシンプルにお店の名前だけを書くようにしましょう。アカウントのアイコンはロゴやキャラクターなどわかりやすいものに設定しましょう。

名前はお店名を記載します。プロフィールには日本語で簡潔にわかりやすく箇条書きで記入しましょう。ここでのポイントはレストラン、カフェの特徴や雰囲気、場所を記載します。ここでも人間味を出すのが重要です。
例えば普通に「ハンバーガー屋さんです」というプロフィールを見た人はすぐわかると思うので、「スケーター好きな店主がやっているハンバーガー屋」というようなことを書くと、どんな人がやっているんだろう?と興味を持ってもらいやすいです。

「テイクアウトやってます」「東京都」などお店の特徴をしっかりと入れましょう。他にもプロフィールにはURLが貼れるのでお店のURLなども忘れずに記入すると、プロフィールにアクセスしたユーザーがチェックしてくれる可能性が上がります。

最後にプロフィール設定で重要なのがビジネスアカウントに切り替えることです。ビジネスアカウントに切り替えることでプロフィールの下部に予約機能、地図、メール、電話というボタンが表示できるようになるので必ず設定して下さい。

カフェ、飲食の投稿写真のコツ

飲食店で写真をやるコツは複数あります。最初に紹介するのは、飲食、カフェだからといって食べ物ばかり投稿してしまっては「食べている写真を上げている人なのかな?」と思われてしまいかねないので、お店の外観、内装、店員などバランスよく写真を投稿して下さい。

お店の雰囲気やお店のカラーというものがあると思うんですが、そちらをちゃんと揃えて投稿して下さい。例えば「シェイクシャック」でしたら黒と緑、「ブルーボトルコーヒー」でしたら青と白でアカウントが統一されています。統一することでプロフィールを見たユーザーイメージしてもらいやくなり、興味を持ってくれるようになります。

他にも飲食店アカウントではやってないアカウントが多いのですが、写真に人を入れることでストーリーが伝わる投稿になります。例えば、子供が食べている写真や、友達とパーティーをしている様子などを上げることでユーザーからお店のイメージが伝わりやすくなります。写真に手を入れるというような工夫をするとストーリーが伝わりやすくなります。

あとは、来店してくれたお客様がインスタグラムに投稿した写真をリポストしましょう。「このお店おいしかったよ」というような投稿に対して、「来店ありがとうございました!」というようなリポストを行うと他のユーザーがみると実際に来店した人が美味しいって実際に言っているんだなぁと思われるようになり、信憑性が高まります。

次に文章ついて説明します。文章は学べる内容もしくは共感できる内容を書くのが一番望ましいです。学べる内容の例としては、「当店で使用しているのは〇〇産の野菜を使用していてビタミン豊富です」というような内容です。

共感できる内容は難しいなと思われがちですが「今週がんばった自分にご褒美!」「仕事終わりの一杯」というのはレストランや居酒屋などでは共感できる内容になります。

あとは食べているイメージができる文章が大事になります。ここで気をつけて欲しいのは宣伝はしないようにすることです。例えば「こんな寒い夜はホットココアを飲んで読書をしようかなぁ!ウチではホットココアをやっているので来て下さい」と書いてしまうと宣伝ぽくなり嫌がられてしまいます。

「本日のオススメはチーズがトロトロのダブルチーズバーガー」というような商品をイメージできるような文章を書くことがすごく効果的になります。

他にも新メニューはキャンペーンのお知らせの内容を書いて見ましょう。期間限定、季節限定のメニューを書いておくことでそちらを目当てにして来店する方も出てくるのでお知らせはしっかりと文章にしましょう。

カフェ、飲食の投稿のハッシュタグ

ハッシュタグに関して当たり前かつ大事になってくるのが、場所とカテゴリのハッシュタグをつけることです。これは必要不可欠で、例えば「イタリアン」「表参道」などど書いておくとユーザーがあなたのアカウント見つけやすくもなりますし、インスタグラム側にも表参道にあるイタリアンと認識されインデックスされます。

あとはお店を探している人が調べそうなキーワードをハッシュタグに入れましょう。探している人は来店をする見込みなので是非取り込みましょう。例としては「オシャレカフェ」「カフェ巡り」「ノマドカフェ」などです。フリーランスの方がノマドカフェを探している場合などはこちらのハッシュタグで調べた時にであなたの投稿が出てくるようになります。

他にも店舗名やキャッチコピーをハッシュタグに入れることで認知度向上とブランディングを図ることができます。看板メニューなどもハッシュタグにするのも良いですね。そうすることで、来店した人がインスタグラムに投稿する際に同じハッシュタグを利用して投稿してくれる可能性があるのでブランディングに繋げることができます。