知っておいて損はないInstagramのブロックについて

本来Instagramはたくさんの人と情報を共有できる楽しいSNSではありますが、たまに「ちょっとあの人には見られたくないな」とか「あの人にフォローされてるのはちょっとな…」と言う場合もあるのではないでしょうか。気軽にフォローできるのがSNSの魅力ではありますが、それが裏目に出てしまうこともあります。ですが、Instagramにはブロックという機能があります。ブロックされた方は嫌な気になることもありますし、その後の人間関係に影響を与えることもあるのであまり多用するべき機能ではないかもしれませんが、知っておいて損はないでしょう。

関連記事はこちら↓
初心者必見!!Instagramを上手に使う方法

そもそもブロックってどんな機能?

Instagramを含むほとんどのSNSには必ずと言っていいほど「ブロック」という機能があります。このブロックというのはどんな機能なのでしょうか。

ブロックは、「ちょっとこの人には投稿見られたくないな」「ちょっとこの人にはフォローして欲しくないな」といったことがあった場合、その相手を強制的にフォローを外すことができる機能です。Instagramは基本的に誰でも見ることができます。こういったことが理由でInstagramをこれから始めようかなと考えている人も、躊躇してしまうこともあるかもしれません。ですのでブロックという機能をしっかり確認しておきましょう。

ですが、Instagramの場合ブロックするとお互いのフォローが強制的に外れてしまいます。ということは、ブロックされた側の方は「あれ?フォローしたはずなのに外れてる」となってしまいます。そして自分もフォローしていたはずなのに外れてしまうので相手側もブロックされたことに気づいてしまうのです。

ですので、このブロックという機能はあくまで最終手段として考えておく方がいいでしょう。どうしても嫌な場合にのみ使った方がいいと思います。ブロックされた方は嫌な気分になることが多いと思うので、コメントなどで嫌なことを書いてくるなど、相手によほどの非がない限りはしない方がいいでしょう。

ブロックは解除できる!?

Instagramで一度ブロックをしてしまっても、解除することは可能です。ブロックしたけどやっぱりやりすぎかな、といった場合簡単に解除することが可能です。ただ、気をつけなければいけないのが、一度ブロックしてしまうと相手の自分に対してのフォローが外れるので、相手は不思議に思うでしょう。特に実生活でよく会う相手の場合ですと、ブロックされたことに気づかれると悪影響を及ぼす可能性があります。よほど嫌な相手でもない限りしない方がいいでしょう。

全く知らない他人からフォローされている場合はそこまで気にする必要もないと思うので、もし嫌ならブロックしてしまっていいかもしれません。

今やInstagramを含むSNSは、たかがネットとはいえ実生活に十分に影響を及ぼすようになりました。ですが、有効に利用すればプラスになることの方が多いものです。また、ビジネスなどで使う方は使い方も要注意ではありますが、趣味で楽しく利用する分には難しく考えることもないのではないかと思います。

誰でも見れるところがメリットでもありますので、まずは気軽に初めて見るのがいいのではないでしょうか。楽しくなければ続かないですし、私は実際Instagramでブロック機能を使うようなことは未だにありません。よほどのことがない限りブロックしたいということはないかと思いますので、まずは知識として知っておくくらいでいいのではないでしょうか。

相手に知られずにブロックする方法はある?

Instagramでブロックしてしまうと、相手はその間フォローすることができなくなります。よって相手も簡単に確認することができるのです。つまり、相手に知られずブロックをするということはできません。もちろんブロックしてすぐに解除することは可能ではありますが、相手のフォローは外れたままになってしまいますので不審に思われてしまうでしょう。

そもそも、Instagramでブロックしなければいけない状況というのはそんなに多くはないと思います。Instagraは、あらかじめ非公開にしておいて、自分がフォローを承認しなければフォローされないようにすることも可能です。それで嫌な相手には承認しなければ自分の投稿を見られることはありません。後からブロックするよりは初めにこの時点で承認しない方が問題は起こりにくいのではないかと思います。

ただ、これももし実生活で会う人の場合、「申請してるけど承認されない」と直接言われてしまうこともあるでしょう。正直に言うと、こうなったら承認するしかないようにも思います。「忘れてた」とごまかして承認してしまった方がいいかもしれません。

ですが、Instagramは気軽さも売りではありますので、「見られている」ということは前提で始めた方がいいのではないかと思います。投稿の内容も自分で決められるわけなので、気楽に楽しみましょう。

どうしても見られたくない時はどうしたらいい?

やはり、Instagramを利用する上で、どうしても見られたくない、でも今後の人間関係も悪くしたくない、という方もいるかもしれません。そういう時のオススメとしては、「アカウントを複数持つ」ことです。これは私自身実際にやっていることなのですが、本来のアカウントは公開にして誰でも見られるようにしておき、もう一つのアカウントは「非公開」にしておく、ということもできます。これでしたら非公開のアカウントの方は本当に仲の良い友達だけにしておくこともできるので、嫌な人に見られることはありません。

本来のアカウントの方が公開されているので、わざわざ非公開アカウントの方も見せろとしつこくいう人もまずいないでしょう。どうしても一部の間だけで共有したいことがあるのであれば、この方法は使えるのではないかと思います。

実際に、ビジネス用とプライベート用に複数アカウントを保有している方などは少なくないですし、アカウントの切り替えもとても簡単です。わざわざ複数のアカウントを持つことを面倒に思われる方も多いかもしれませんが、決してそんなに面倒な手間はかからないので、見られたくない相手がいたり、ブロックしたいけど気まずい、という方がいるようであればこの方法はお勧めできます。Instagramは本来便利で楽しい仕組みなので自分が楽しめるような方法をとるといいでしょう。

普通に楽しんでいたらブロックの必要はない

Instagramは人によってはビジネスにおいても有効的なツールではあるので、使い方に慎重になっている方もいるでしょう。ですが、ブロックしなければいけない状況というのはそれほど多くないですし、私自身も私の周りでもInstagramで嫌なことがあったからブロックした、もしくはInstagramをやめた、という方は見受けられません。芸能人などは批判を浴びたりなどあるかもしれませんが、そうでなければ基本的には楽しく使えるものだと思っています。

SNSはその人の出来事や思い出を共有するのが主な使い方だと思っています。フォローするしないも自由なので、嫌ならフォローしなければいいものです。悪意を持ってSNSを始める人というのも基本的にはいないでしょう。ビジネスシーンで重要なコンテンツとして利用しているわけではないのであれば、わざわざ気を使って利用するものでもないでしょう。好きなことを投稿し、友人たちと共有して楽しむことがメインなのでブロックというものをそこまで考える必要もないのかもしれません。

もちろん、自分がブロックされてしまう可能性もないとは言い切れませんが、それも相手を不快な気にさせるようなことがなければまずないでしょう。お互い利用者が楽しんで利用すればいいだけだと思うので、深く考えず楽しんで共有すればいいのではないかと思います。