アーティストとアスリート。2つの顔を持つBlake McFarlandさんのインスタグラム

この躍動感あふれる生き生きとした彫刻のようなアート・・・・実はこれは廃タイヤを利用してつくるリサイクルアートだったのです!今にも動き出しそうなこの力強さは、廃タイヤ一本一本がまるで筋肉の線維のようなリアリティがあり、本物の動物以上の迫力があるタイヤ彫刻ですね。

この廃タイヤのリサイクルアートを作成したのは、Blake McFarlandというアメリカの人物です。このBlake McFarlandさん、実は廃タイヤのリサイクルアートの作成以外にも驚くような秘密をたくさん持っています・・・!!そんな廃タイヤのリサイクルアートの第一人者のBlake McFarlandさんについて、インスタグラムを通して、彼の真実を探っていきましょう!!

究極のリサイクルアート、廃タイヤ彫刻!

インスタグラムでも毎日のように、様々なアート作品が公開されています。その中でもBlake McFarlandさんの廃タイヤ彫刻は、郡を抜く完成度とオリジナリティーで大注目されています。彫刻の大きさもさることながら、タイヤの模様だけで演出しきれない部分は、自身でも彫刻を施し、理想とする形に近づける細かい工夫もされているそうですよ。

パンダちゃんの廃タイヤ彫刻!

こちらは、可愛いパンダちゃんの廃タイヤ彫刻です。可愛らしさの中に、筋肉の動きまで目でわかるようなフォームが作成されており、本当に完成度の高い作品ですね!可愛い作品であるだけでなく、笹をバックに本当に今にも笹を食べそうなパンダちゃんは、手の指の細部まで廃タイヤで表現されています。大胆に見える作品でも、繊細に細部まで考えて作りこまれていることがわかります。

今にも飛びかかってきそうな迫力のアート!

正面から見ると白い牙が恐ろしいくらい、今にも飛びかかってきそうな廃タイヤ彫刻ですね!こちらの熊の廃タイヤ彫刻は、歯の一本一本や、舌の動きまでが精細に作りこまれ、本物以上の迫力と凄みを感じさせます。

小さい子供が近くで見たら怖くて泣いちゃいそうなくらい、完成度の高い大人向けのアート作品です。しかし、筋肉や体の細部をここまで詳細に表現することは、体の内部構造に相当精通していることが伺えます。この廃タイヤでリサイクルアートを作り続ける人物、Blake McFarlandさんとは一体どんな人物なのでしょうか?

 

廃タイヤ彫刻の完成への道のり

この廃タイヤ彫刻は世界でBlake McFarlandさんだけしか行っていない、Blake McFarlandさんオリジナルのアートです。幼い頃よりBlake McFarlandさんは芸術活動の高いセンスを持っており、様々なオリジナル作品を作成していました。

最初はアクリル絵画で、自身のアーティストとしての表現を開始していましたが、その後彼はよりユニーク でオリジナルなアートを作成したいとの願望を持つようになりました。Blake McFarlandさんは、地元のベイエリアシーンをサーフボードに描き、サーフィンと彼の芸術性を結びつけるような活動もしています。さらに、彼は、芸術キャリアを拡大するために、ワインコルクをドット描写のように構成するアートも作成していました。

廃タイヤ彫刻の完成

現在は上記のアート作品に加えて、試行錯誤の末、タイヤ彫刻という最終的に彼のオリジナリティーあふれる作品を作り上げることに成功しました。これらのタイヤ彫刻は、彼が今までに作成した作品の中で、最も崇高で意味のある芸術作品なのです。

廃タイヤを用いることの意味~環境への配慮も

この廃タイヤ彫刻の素晴らしいところは、廃タイヤという普通だったらゴミとして処分されてしまうものを、アートとして再生したところです。作品には、全てリサイクルタイヤを使用しており、とても環境に優しい作品であることが挙げられます。

そんな21世紀の新しい芸術作品を作り上げるためには、1作品にあたり、完成まで約1ヶ月と長い時間がかかります。そして、その分驚くほど細部まで精巧に表現されているのです。

廃タイヤのリサイクルアートの作成過程

こちらの投稿は非常に格好良いCMのような、廃タイヤアートの作成過程です。廃タイヤをドリルで削ったり意中の形に伸ばしたり、そして加工した目的の形状を作り上げたあとに、動物などの作り上げる型となる素材に、加工したタイヤをプレスで貼りつける過程が数秒でわかる、非常に格好のよい動画です!!

あの素晴らしい作品がこのように作られるのか!というのがこの動画を見るだけでわかるので、必見の動画ですよ!

廃タイヤの選定過程

こちらの投稿は、Blake McFarlandさんが廃タイヤを選んでいる過程の写真です。タイヤの硬さ、タイヤの模様などが筋肉の線維など、作品を作り上げる大切な要素になるため、様々な素材のタイヤを手にとって選んでいますね。

何故ここまで筋肉などの構造の知識が問われる高度なアート作品を廃タイヤで作る発想にいたったのか?それはBlake McFarlandさんの本当の職業に関係します。

 

実は野球選手だったBlake McFarlandさん!!

廃タイヤ彫刻のアーティスト活動を続けているBlake McFarlandさん。実は本当の職業は、アメリカ メジャーリーグのピッチャーだったのです!!!マウントでボールを投げるBlake McFarlandさん、とっても格好良いですね!

あの精細な廃タイヤ芸術を作り上げる人が、メジャーリーガーだったとは、にわかに信じがたいことですが、本当のことなのです!!メジャーリーガーという体を動かすことのプロフェッショナルな職業のため、筋肉についても相当詳しく、あの廃タイヤ彫刻を独自の視点で作り上げることができたのですね

チームメイトとの撮影!

チームメイトとの様子の写真もBlake McFarlandさんのインスタグラムではたくさん投稿されています。Blake McFarlandさんは、トロント・ブルージェイズというチームでプレイしている、1988年生まれの29歳だそうです!チームメイトとも仲がよいナイスガイな様子が伺えますね!

オフにはサーフィンやダイビングも!

メジャーリーガーでありながら、アーティスト活動もつづける異色のアスリートのBlake McFarlandさんですが、なんとほかにも趣味を持っていました。オフには、サーフィンやダイビングなどのマリンスポーツもたしなんでいるそうです。本当にスポーツからアートまでなんでもこなせて、趣味も楽しむ自由な様子が素敵ですね!型にはまらない、素晴らしい人だと感じます。

奥様との2ショットも☆

そんなBlake McFarlandさんですが、彼の自由奔放な魅力的な生活を支えているのは、彼の傍にいる素敵な奥様でしょう。Blake McFarlandさんのインスタグラムでは、度々奥様とのツーショット写真も掲載されていて、愛妻家である様子も見ることができます。才能もあり、素敵な奥様にも恵まれて羨ましいような人生です!

作品づくりはオフの間に・・・!!

アスリートとアーティスト活動の2足の鞋の毎日のBlake McFarlandさんですが、基本的にはシーズンの間はプレーに集中し、オフシーズンの間に廃タイヤなどの作品づくりに注力するそうです。現在タイヤメーカーや他のスポンサーからも作品づくりのオファーが殺到しており、一年を通して彼の活躍を待ち望むファンが多くいそうですね!

 

現在は怪我でメジャーリーグを休業中

今年度の活躍も期待されたBlake McFarlandさんですが、残念ながら現在は大リーグを欠場しています。オフシーズンに手術も行った、かねてより調子の悪かった肩の調子が現在も良くない様です。早く良くなって、Blake McFarlandさんのメジャーリーグでの姿も応援したいですね。コメントにも「Finally back in action .Thanks for the pics」と綴られていました。

最後に・・・

いかがでしたでしょうか?この驚きのリサイクルアート・廃タイヤ彫刻を作る人物は現役メジャーリーガで、アスリートとしてアーティストとしても見識と見聞が深い才能あふれる若き人物、Blake McFarlandでした。

子供のころからの夢を二つとも叶えてしまったかのようなBlake McFarlandさんのインスタグラムを見ていると、「人って挑戦すればなんでもできる可能性があるのだなぁ」ということや「様々なことに積極的に興味をもつこと」、「オリジナリティを持つこと」の大切さを教えてもらえた気がします。

そんなBlake McFarlandさんのインスタグラム、これからもメジャーリーガーとしての活躍と新しい作品づくり、両方を応援していきたいですね。