【colorful – マーケティング】インスタグラムで需要がましているECプラットフォーム「BASE」を解説③BASEを使いやすくするAPPsについて⑴

【colorful – マーケティング】インスタグラムで需要がましているECプラットフォーム「BASE」を解説③BASEを使いやすくするAPPsについて⑴

今インスタグラムでは、インスタグラマー(インフルエンサー)が自分のブランドを持つ時代がやってきている。と言っても過言ではないでしょう。そう、

また、今まではB2Cだったこの世の中がD2Cになりつつあることからも、今後もインスタグラムではECが盛んになっていくこと間違いなし!というわけで、国内でも利用者数が多く、インスタグラマー(インフルエンサー)に好まれているECプラットフォームである「BASE」についての記事の第3弾です。

今回は、BASEのショップを運営側がより使いやすく、購入者側もより見やすく楽しめるようなメリットを増やすことができる「BASE APPs」について解説していきたいと思います。

BASE APPsとは?

BASEを利用する上で必要最低限の機能や、顧客管理、在庫管理、インスタグラムアカウントとの連携機能、など様々なAppsがあり、運営するにしても出来るだけ管理し易くするものや、購入者側で言えば割引きの設定、質問できるメッセージ機能、クーポン発行など、ECとして考えられるサービスが豊富に整っています。また、無料で利用できるものとは別に有料担っているAppsも存在します。

その中でも、まずはショップのルールを設定していく初歩的なAppsをご紹介していきます。

ルールを設定するApps

(上)画像に表示されている8つのAppsがショップのルールを設定することができるものになります。基本的に初歩的なAppsに関しては無料です。

ショップのルール設定Apps⑴配送日指定

配送日指定Appsでは、購入者側に配送の日付指定ができるようにするようなサービスになっています。
インストールするだけで、全ての商品に対して適応されるので、今後の運用が更に便利になるような機能です。

  • できる限りお客様の希望の配送日時に合わせて商品を配送したい場合
  • 定休日や臨時休業などがあり配送できる日時が決まっている場合
  • サブスクリプションサービスを始めたい方

ショップのルール設定Apps⑵独自ドメイン

独自ドメインAPPsでは、ECサイト自体のURLを自分の好きなURLに変更することが可能になっており、より公式サイトらしいすっきりとしたURLに変更することができるような機能です。

BASEの初期ドメイン(意味)

URL 意味
tahbase.in スタンダードなBASEのURL
base.shop ショップだということが分かりやすい
スタンダードなBASEのURL
shopselect.net セレクトされているショップのURL
base.ec BASEで運用しているECサイトだと分かるURL
theshop.jp 公式ショップっぽいURL
handcrafted.jp 手作り商品が販売されていると分かるURL
fashionstore.jp ファッション関連のショップだと分かるURL
buyshop.jp 買い物できるショップだというURL
supersale.jp セール、割引き系のショップだと分かるURL
official.ec 公式ECサイトだと分かるURL
kawaiishop.jp 可愛いを売りにしているショップURL

上記はBASEで初期に設定できるドメインになっていますが、URLの最後は必ずこの中から選択しなければならないため、自由度は低くなっています。例えば「ブランド名.com」や「ブランド名.jp」といったすっきりとしたドメインにしたい場合は、独自ドメイン設定を自身で行う必要があるということです。

  • 会社やブランド等で既に持っているドメインをBASEにも適用したい時
  • BASEで予め用意しているドメインに空きがない場合
  • サブスクリプションサービスを始めたい方

ショップのルール設定Apps⑶送料詳細設定

この送料詳細設定はBASEを利用する上でかなり重要なAppsの1つであり、商品に対しての送料設定や、指定購入金額以上で送料を無料にしたりと、様々なメリットを感じさせることができるものです。

また、国内だけではなく海外への発送に対応しているか、また海外の送料も詳細に設定できるので国内だけでの販売ではない場合、必ず設定しておくべきでしょう。

ショップのルール設定Apps⑷シークレット EC

シークレットECとは、特別なお客だけに公開することができる機能であり、一般のお客がURLにアクセスしても鍵がかかっていることで閲覧することさえもできない状態にすることができます。パスワードを設定し、ある一定度のユーザー限定することで、パスワードを知っているユーザーしかアクセスができない状態になり、セール時などに利用することが多い機能です。

  • 会員等、特定の方だけに向けたショップを開設したい方
  • リピーター専用の特別ショップを新たに開設したい方
  • 卸取引用に一般客は入場できない卸専用窓口を作り方

ショップのルール設定Apps⑸英語・外貨通貨

英語表記に変えることで、国内だけでの販売であっても少しお洒落な雰囲気にすることもできるので、工夫ができるAppsです。また、海外の外貨表記にも対応しており、ドルからユーロ、ポンドなど34カ国の表記に対応しています。

  • ショップの表記を英語に切り替え
  • 34カ国の外貨表記に対応

ショップのルール設定Apps⑹年齢制限

その名の通り、年齢制限が設定できる機能です。特にお酒やタバコなどの未成年が購入制限されているものに対して利用する機能であり、近年では電子タバコに関連する商品が多いかもしれません。

  •  お酒等、年齢制限のある商材を販売する場合
  •  未成年による購入のトラブルを抑止したい場合

ショップのルール設定Apps⑺商品検索

こちらもBASEでECサイトを運営するにあたって重要な機能になっています。特に商品母数が多く、検索しなければ見つけるのに時間がかかってしまうような場合は必ずインストールしておくべき機能です。

  • 商品数が膨大なため、お客様が商品を探しやすいようキーワードで検索できるようにしたい方

ショップのルール設定Apps⑻ショップコイン

近年流行っている仮想通貨のショップオリジナルコインのようなもの。コインを使った商品購入ができるようになったり、お客様(ファン、フォロワー)からコインで資金を募り、生産コストを賄うことも可能です。非常に自由度が高い機能になっているので、使い方によっては面白いことができると思います。

  • 資金を募って新しいブランド開発、商品開発をしたい
  • ショップを応援してくれているファンに感謝の気持ちを伝えたい

ショップのルールに関するAppsは上記8機能となっていますが、その他にも様々なAppsが存在するので、引き続き解説していきます。