【colorful – マーケティング】インスタグラムで需要がましているECプラットフォーム「BASE」を解説①初歩的なデザインについて

【colorful - マーケティング】インスタグラムで需要がましているECプラットフォーム「BASE」を解説①初歩的なデザインについて

近年、自身でブランドを作り上げるインスタグラマー(インフルエンサー)も非常に多くなってきており、特にファッション(アパレル)を自身でデザインし、ECサイトまでも運営しているような傾向も珍しくなくなってきています。

ブランドを立ち上げたり、服を作ったりするのはできるけど、ECサイトを自分で作り上げるのは難しくてできない。そんな風に考えている人も少なく無いでしょう。しかし、基本的にインスタグラムを活用して運営されているECサイトのほとんどが「BASE」という初心者でも簡単にサイト作成ができるようなプラットフォームになっています。

今回は、今後自身でECサイトを運営しインスタグラムを活用して商品販売を行なったりする際に、サイトを作る知識がなくても自分の手だけで簡単に作れてしまうBASEについて解説していきたいと思います。

まずは「BASE」とはどんなものなのか?

https://thebase.in/

上記はBASEの公式サイトですが、小嶋陽菜さんや香取慎吾さんなどの有名タレントがPRしており、小嶋陽菜さんに関しては、本人自身でもアパレルブランドを運営しているのですが、そのショップもこのBASEで運営されており、小嶋陽菜さん自身で利用していることからも、注目が集まっています。

https://www.herlipto.jp/

上記は小嶋陽菜さんのファッションブランド「herlipto」の公式サイト、自身がモデルを勤めており、ファンからすると「この人が着てるから」「この人のセンスが好きだから」などの理由でショッピングを楽しみながら行うことができる。といったメリットが。

https://www.instagram.com/herlipto/

勿論インスタグラムアカウントもファッションブランドらしく運用されており、ストーリーの更新からハイライトの設置まで完璧な状態でPRしていることからも、これから自身でブランドを立ち上げようと思っているユーザーからすると、とても参考になることでしょう。興味がある方は是非一度アカウントをのぞいて見てください。

BASEの特徴⑴デザインが簡単で技術要らず

ECサイトを作り上げるには「デザイン」が重要だということは皆さんなんとなく分かっているはず。出来るだけ魅力的に思わせることができれば、販売効果を求められたり、商品が映え、雰囲気を感じさせることができたり、様々なメリットが生まれます。

その重要なデザインもBASEでは特殊な技術やサイト構築に必要なデザインセンスはそこまで必要なく、ECサイトを作ったことが無い方でも簡単に設定することができるような仕組みになっています。

また、デザインは有料で販売されているものを利用することもでき、自分の好きな完成度高いデザインを選んで自身のECサイトに反映させることもワンクリックで可能になっていることも人気の理由です。

例えば、上記の赤枠で囲っているデザイン「コレクション」というデザインは5500円で販売されているデザインです。
気になったデザインは、このデザインマーケットからクリックすることで詳細を見ることができます。

こちらが「コレクション」のデザイン詳細ページ。ここで重視しなければいけないのは矢印で示している「モバイル対応」という部分です。基本的にBASEのデザインを設定する際はPCを利用して行うのですが、可愛い!これいい!と思ったデザインであっても、モバイル対応していなければスマートフォンでは利用できないデザインになってしまうので、必ずモバイルに対応しているデザインかをしっかりと確認しましょう。

BASEの特徴⑵有料のデザインはデモサイトを確認してから購入できるものが多い

先ほどの「コレクション」というデザインの詳細ページの中を見ていくと「コレクションを利用したでもショップ」というメニューが存在する(基本的にBASEの有料デザインではこのようにデモサイトが用意されている)

■「COLLECTION(コレクション)」を利用したデモショップ
https://collectionn.thebase.in

上記がコレクションのデモサイトになっています。

デモサイトの中身を見ていくと、お知らせページや商品ページなど、様々な細かい部分までサンプルがしっかりと分かり易く表現されている為「このデザインを使ったらこんなショップになるのか」と、イメージが湧きやすい。

因みに商品ページの確認も必要。しっかりと商品が入っているデモも確認できる為、凄く分かり易く価格がどのように表示されるのか、書品画像が崩れていないか、などを確認することができる。

BASEの特徴⑶デザインはPC版だけではなくスマホ版もしっかりと確認すること

上記はスマートフォンで確認した際の「コレクション」のデザイン。やはりPC版で表示されている時に比べるとシンプルなデザインになっていることがわかるでしょう。

基本的にインスタグラムを活用してECサイトを運用するのであれば、スマホ版(モバイル)でそのようなデザイン表現ができるのか?という部分が重要になってくるので、出来るだけスマホ版で自分が好むデザインを選択することをおすすめします。

また「HTML」や「CSS」といったサイトデザインができる言語の理解がある方は、有料のデザインを購入しなくとも自分の好きなデザインを自身で作り上げることが可能になっています。有料デザインを購入し、微調整なども可能になっています。

BASEの特徴⑷有料デザインは対応しているBASEの機能も確認する

有料デザインの詳細ページでは、BASEのAPP(機能)にどれだけ対応しているのか、どんなことができるようになっているのか、という確認が必要です。特に、最低限のカテゴリ設定、送料詳細設定、商品検索などの機能は必須であり、ユーザーに楽しんでもらえるようにするのであれば、レビュー、ブログなどのプラスαな機能を重視することも必要です。

このように、ECサイトを運営する上で最初に考えなくてはいけない「デザイン」の初歩的な施策はBASEを利用することで非常に楽に完結することができ、インスタグラムの運用に力を入れる時間が取れるというメリットがあるからこそ人気が急上昇しているのは間違いないでしょう。

まだまだBASEを使うメリットは多く、重宝されている理由は多いのですが、逆にデメリットも存在するので、今後もcolorfulで取り上げていきたいと思います。